2015年06月10日

【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200230_0800083813331809175 (1).jpg



今日は、一つ、募集をさせていただければと思います。

建設・建築・設備業界向けに商品、サービスを提供している事業者さまです。

弊社と連携しませんか?

現在、弊社の依頼人さまには、建設・建築・設備業の方がたくさんおられます。

またこれからもご縁を得てゆきたいと思っています。

〜〜〜

弊社の長期計画では、建設・建築・設備業の方々をお手伝いすることを、重要な位置づけとして定義しています。

手続的には弊社の得意とする分野でもありますし、伸ばしてゆきたいです。
サポート事例:http://ken-hiroshima.com/

建設・建築・設備業の方々が、10年後もその先も生き残り、安定・発展できる「何か」が欲しいです。

そのためには、弊社だけの力では、足りません。
まだまだ非力です。たかが知れています。

〜〜〜

つまり・・・抽象的な表現になってしまいますが、

今、弊社の顧客となって下さっている建設・建築・設備業の方々に、何か良い価値を提供できるような連携施策

今、貴社の顧客となっている建設・建築・設備業の方々にとって、弊社が提供しているサービス、持っているリソースをもとに、貴社の顧客が、もっと安定し、発展できるための連携施策

これが実現できるような連携ができないか?というものです。

〜〜〜

分かりにくいので、今までの具体事例を列挙させていただきますね。

(1)建設・建築・設備業を含んだ、広く一般の「起業する人」を対象とした施策の例

通信というカテゴリで、連携している事例です。

【記事掲載】会社設立後の携帯、通信回線を複数の選択肢からお得に選ぶ!
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12013637492.html

↑のコスモネットさんとの連携についてのプレスリリース記事(PDF)
http://e-jimusho.com/img/pdf/press_asumia201503.pdf


(2)広く一般の「起業する人」を対象とした施策の例

一般的にある、税理士顧問契約が前提の会社・法人設立0円ではなく、オフィスを確保するとともに設立後の事業安定に焦点をあてた会社・法人設立0円コース。

【新しい選択肢】会社の本店をコワーキングスペースに置くということ
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12021543171.html

↑のコワーキングスペースとの連携に関するプレスリリース記事(PDF)
http://e-jimusho.com/img/press201412.pdf

弊社サイトへ掲載しているコース
http://e-kigyou.biz/0.html

〜〜〜

事例は他にも何だかんだとありますが、つまり

こういう施策の「建設・建築・設備業向け」に特化したものをやりたいのです。

お互いに、そして大原則ですが、利用する方々にもメリットがあるものとなりますね。

特に、お互いが新たな出会いを得ることができ、お互いの顧客が安定・発展できるものが最も適していると思います。

〜〜〜

残念ながら連携ができないケースがあります。

・基本的に、ですが、「これから建設・建築・設備業向けに“新規に”展開してゆきたい」、という事業者さまは連携することはできないと思います。

すでに、相応の実績をお持ちの事業者さまでないと、連携は長続きしないと思います。
もちろん、上記の通信関係に見られるように、「既存の弊社の依頼人さまにとって有益となる連携」もありますので、すべてがそうとは限りません。

・単に、顧客を増やしたいというお考えだと、連携は難しいと思います。

弊社では、理想論かもしれませんが、「10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただけること」をモットーとしています。
単に拡販する、とは意味が違うと思っております。

〜〜〜

ということで

建設・建築・設備業界向けに商品、サービスを提供している事業者ささま、弊社と連携しませんか?

でした。

お互いが持つリソースを活かすことで、自社のみで行うものとは違う、1+1=3 以上の価値を持つ施策が出てくると思います。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 11:28
| Comment(0) | 経営について

2015年06月05日

【常々想ふ】決まりを増やさない。

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200215_0550053813327799506.jpg
 
その昔、思っていたことがあります。

仕組みを作るんだ!!

うまく仕事が回るのは、仕組みがあればこそ。

これは正しい。
その通りです。

でも、仕組みを作りすぎると、全体が硬直化します。

分かりやすく言うと、目の前に、いただいたお仕事が1つあって、そのお仕事について言えば、完遂することが目的。

委託系であれば、遂行(納品もありますね)。
販売系であれば、納品、引き渡し。

お仕事には理念とか指針とか、なりたい姿とか色々あると思いますが、とにもかくにも「まずは遂行や納品」だと思うのです。

でも、組織内に仕組みという名目の「決まり事」があると、その決まり事を経ないと完遂がありません。

この「決まり事」がやっかい。

決めた以上、それをやらないと次へ進めない。

〜〜〜

わたし、最近、心から思うんです。

どうやって仕組みを減らすか?

正直、何もないところから、決まり事を作るのは簡単です。
考え、作ればいい。
「今度からこうしよう」を話し合い、決めればいい。

でも、それが一旦習慣化してしまったとき、無くすのは大変

自分で事務所を経営していて、そう思います。

ここ数年、仕組み的なものは、新しく作っていない気がします。

少なくとも、わたし自身は。

ただ、法人全体だと、自然と「決まり事」が増えてゆく・・・。

気づけば、目の前のお仕事を完遂することが目的なのに、途中にある決まり事をこなすことが目的になってしまっている

手段の目的化。これに近いのかもしれません。

誤解のないように書かせてもらいますが、仕組みは必要なんです。

絶対、必要。

でも、その程度が大切だと思うんです。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 15:51
| Comment(0) | 経営について

2015年06月03日

【意外と少ない】“サービスを販売する”という考え方

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!(※1)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!(※2)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013326069327.jpg
 ↑素材から。

今日は、
【意外と少ない】“サービスを販売する”という考え方
です。

タイトルどおり、意外と少ないです。

サービスは提供するものであって、販売するものではない。

これは、日本では古くからの考え方としてあると思います。

サービスを販売する??

そう感じた方、いらっしゃいますよね。

わたしも少し前まで、そうでした。

これはこれで正しい。

〜〜〜

でも、この言葉によって、導かれるものが違ってきます。

そこが問題だと思います。

つまり、

サービスは提供するものであって、販売するものではない。

提供することに主眼を置くようになって、提供する源である「受注すること」をおろそかに考えてしまう

受注があって、初めて提供があるのですが、提供そのものにクローズアップしてしまい、受注に力が入らない。

良いサービスであれば、自然と顧客は集まってくる、という誤解を生む結果にもなる。

経営者肌ではなく、職人肌の人に時折見られるものだと思います。

ご本人は、一生懸命やっている。

日々、時間を惜しんで準備をしている。

でも、その準備は、果たして成果の出る準備なのか?

それに気づくことが難しい。

「サービスは提供するものであって、販売するものではない」という考え方は、心の奥底で、じわじわと大きくなり、事業も、比例して、じわじわと、悪化してゆく。

まずキャッシュがなくなり、融資を受けることができなくなる。

その時点で、販売することの重要さに気づくのですが、時すでに遅し。

〜〜^

今まで、起業する人、起業して頑張っている人、2,000人〜3,000人に会ってきたと思います。

何となく、ただ何となくですが、安定している人、成長している人の共通項が見えてきます。

その1つが、

“サービスを販売する”という考え方をしている。

これは、サービスの提供をおろそかに思っているわけではありません。

表現しにくいのですね・・・なんと言えばいいのか・・・

サービスを販売する意識で事業に臨むと、必然的に、いたしかたなく、顧客目線が欠けてくるような気がする」。

こういうことかもしれません。

わたしは思うんです。

サービスを販売することが、サービスを提供することではないか?と。


サービスを受ける顧客が、どういうものであれば頼むのか?

これを突き詰めて、突き詰めて考えることが、事業の安定のもとになるんじゃないか?

そして、販売するにあたっては、採算性のあるサービスじゃないといけません。

採算度外視の太っ腹サービスは、長く持ちません。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 16:06
| Comment(0) | 経営について

2015年05月25日

【すさまじい】先駆者たちとの情報交換

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!(※1)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!(※2)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0800106713315013849.jpg
 ↑ とりあえず、都庁(^_^;)

事務所は、日々いろんな物語ありますが、みんな頑張ってくれています。

ですので、2日間、わたしは、関東圏での用事もあり、
今回、「情報を吸収する」というお仕事をさせてもらいました。

1年後〜数年後の事務所のためです。

ものすごい収穫がありました。

経営のことはもちろん、サービス改善、企画開発に直結することもたくさんありました。

〜〜〜

いろんな方とお会いできました。

国内(の行政書士業界)では、間違いなくトップを走るお三方です。

今回の投稿では、行政書士法人の経営者の方とお会いしたことを書かせていただきます。

行政書士法人って、日本国内に378社しかありません。

行政書士登録者数は、44,000人強ですので、強引ですが単純に割ると、総登録者数に対して0.8%。行政書士法人は、行政書士二人以上で構成されますので、倍にしても、1.6%。
まだまだ数が少ないですね。

お会いしたのは、その378社の中でも、トップクラスの方々です。

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 10:29
| Comment(0) | 経営について

2015年05月20日

【まとめ】経営について書いてきたこと。

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200165_0640048013311373245.jpg
 

初心に返る!
勝手に自分に課した、1年限定365日ブログ執筆計画。
スタートから、たぶん、38日目です。
宣言した時の記事はこちら
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12016524979.html

〜〜〜

行政書士は、資格業とか専門サービス業とか呼ばれ、経営者とみられるシーンは少ないのではないでしょうか。

でも、あえて言わせてください。

わたしは、起業した人間であり、中小零細企業の経営者です

苦労自慢するつもりは更々ありませんが、経営について無知であるがゆえに、”遠回り”してきました。才能も少ないのかもしれません。

そんなわたしですが、結構な頻度で、経営について、書かせて頂いています。
生意気ですけども許してくださいね。

これは、コンサルタントではない、生くさい経営者の声、かな。

行政書士法人なので、ちょっと特殊なことも出てくるかもしれませんが、99%、普通の経営と変わりません。
売上から経費を払って利益を出す。それだけです。


愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

わたしが好きな言葉です。

本心から愚者であるわたしの経験が、あなたの起業の助けになることを祈ります。

今日は、経営について書いてきた中の、アクセス数の多い記事をまとめたいと思います。
※投稿日時は、順不同です。アクセスが多い順にも並んでいません。その辺、力を抜いて、投稿をさせてもらっていますので、ご容赦ください。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 13:07
| Comment(0) | 経営について

2015年05月15日

【考えたみた】なぜ経営のことを書くのか?

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は・・・
・起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化
・行政書士専業、社員雇用型として、現時点、中国五県で最大規模
という事務所です。


初心に返る!
勝手に自分に課した、1年限定365日ブログ執筆計画。
スタートから、たぶん、34日目です。
宣言した時の記事はこちら
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12016524979.html

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013307389547.jpg
 
このブログのカテゴリで、「経営について」というものがあります。
こちらです。このカテゴリの記事が一覧で見れます ↓
http://ameblo.jp/ksakida/theme-10040182712.html

今回の投稿。
”あんたが何書こうが、知ったことじゃないよ”という方もおられると思います。
スルーしていただいて結構です(^_^;)
※嫌味ではなく。

〜〜〜

何をするにも、目的がありますよね?
ブログなり、何なり、アウトプットしておられる方であれば、わかっていただけると思います。
自分のことを理解してもらう、サービスの案内をする、キャンペーンの案内をする、などなど。

何をするにも、目的が必要。
中小零細企業の経営者は特に、目的なしで続けることは、危険きわまりない。
ブログを含めて、アウトプットをするのには、目的が必要なんです。
目的があって、時間という投資があって、回収がある。
じゃないと、事業しているとは言えないですよね。

でも、わたしが経営のことを書く目的は、実は、無い

昔、「これからの士業はコンサルティングだ。コンサルティングというお仕事をしないと!」と思った時期があり、その頃の名残かもしれません。

今は、新規にお受けして、コンサルティングをしようとは思いません。
しようと思わない、を超えて、「新規にお受けしちゃいけない」とさえ思います。

そんなこと言って、行政書士法人の経営はゆとりがあるのか???
そんなことはないです。
日々、一生懸命。
戦いです。

でもね、だからといって、代表者がその日の糧を稼ぐ仕事ばかりやるといけないと思うんです。
これはたぶん、わたしだけか。

自分で言うのも変ですが、能力が低いです。
コンサルティングって、労力を要します。
その日のために、準備が要ります。

準備もろもろ、一定の時間数を要する「その日の糧を稼ぐ仕事」から、わたしの場合、手を引かないといけなかった

明日の糧、将来の糧を創る仕事」をしなければならなかった。

しつこいですが、わたしの場合は、です。

ただいま、経営のご相談対応の契約として残っているのは、3社のみです。
だいたい月1回〜数ヶ月に1回のペースで、一緒に経営会議をさせてもらっています。

新規に増やす予定はありません。

弊社の依頼人さまとお話していていて、毎月必ず、言われることがあります。
集客とか、経営全般とか、継続して相談に乗ってもらえませんか?

そんな時は、経営コンサルタントや、中小企業診断士さんをご紹介できる旨、申し上げています。

弊社そのものについて、コンサルティング色を出すことも、現時点、行っていません。

〜〜〜

あれ?何を書いているんでしたっけ?
時折、忘れてしまいます(^_^;)

なぜ、経営のことを書くのか?でしたね。

コンサルティングのお仕事を得るためではありません。
弊社全体について、コンサルティング色を出すためでもありません。

ではなぜか?

あえて、思いっきり、考えて絞り出してみます・・・。

↓↓

自分自身、経営について、深堀りして考える機会

そして

わたしのやったこと、失敗したことを知って、それを1つの「歴史」として捉えてもらい、ご覧になるあなたの経営に活かしていただきたい
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 15:13
| Comment(0) | 経営について

【うむ】根っこの大切さ

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!(※1)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!(※2)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
詳しくはこちら!(新しいタブ)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013301559108.jpg
 
初心に返る!
勝手に自分に課した、1年限定365日ブログ執筆企画。
スタートから、33日目です。
なんとか続いていますね〜。


ベテランの経営者、成功している経営者の多くから聞かれる言葉。
それは
「根っこは大切ですよ〜」

これって何を指しているんだろう?
ふと考えています。

色んな話をもとにすると、わたしなりの解釈としては、こんな感じです。

新人経営者ほど「手段」を考え没頭するが、本当は手段は大した問題じゃない。
手段は、根っこから導かれるものに過ぎない。
根っこは1つ。
手段はたくさん出てくる。

〜〜〜

根っこ。

これは、臨む姿勢と言い換えることができるのかな?と思います。

姿勢が物事の多くを決める。

ちょうど、7つの習慣という本を読んだから、そう思うのか。
※記事はこちら
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12025223360.html


私自身、経営者なので、中小零細企業の代表としての立ち位置を考えてしまいます。

中小零細企業はその活動の90%以上について、代表の姿勢で決まるって言いますね。

方針、方向性、手段・・・。

代表は、船の船頭にたとえられることも多い。


代表自身が、地に足がついておらず、焦っておれば、会社全体が焦る。

地に足がついて、落ち着いて判断できたら、会社全体は、安定する。

ほんと不思議です。

〜〜〜

地に足がついておらず、焦っているときは、わたしの経験上、「手段にこだわり、没頭」します。

で、だいたい、というかほとんどのケースで、うまくいかない。

多くで、その手段を選択した気持ちや願望を忘れてしまう。

初心忘れるべからず、とは言い得て妙です。

こういう、手段にこだわり没頭してしまった時も、使える(^_^;)

〜〜〜

”え〜〜〜!”と従業員さんから声が上がってきそうですが、

私は一番安全な方法は、次のような感じで思います。

会社全体が忙しい時期でも、代表は涼しい顔をしていること

実際、スケジュールも詰まっていないこと。

緊急かつ重要なタスクがないこと。


そして・・・

緊急ではないが、重要なタスクに注力できること”。

これ大事だと思いませんか?

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 15:08
| Comment(0) | 経営について

2015年05月12日

【すごい!】マーケティング最先端と触れる

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は・・・
・起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化
・行政書士専業、社員雇用型として、現時点、中国五県で最大規模
という事務所です。


「10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い」をモットーにしています。

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200277_0800100613295323491.jpg
 ↑ 小倉市の会場です。


社内でわたしの担当は、マーケティング。
行政書士法人 Asumiaのマーケティング部門の頭(かしら)は、わたしです。
GWではありますが、家族にわがまま言って、福岡県へ行かせてもらいました。

士業の「マーケティングについて語り合う会」、に出席するためです。
一般公表されていない、濃いメンバーの会ですね。

今年はじめに少し出資をさせてもらった、ベストパートナーズグループさんの会に参加させてもらった格好です。
ベストパートナーズグループ株式会社さんは、公認会計士、行政書士などの専門家が集まった会社です。
参考:http://ameblo.jp/ksakida/entry-11972595093.html

今回、わたし自身のマーケティング能力の向上はもちろんですが、グループ間の連携の模索も兼ねています。いろんな情報交換ができました。

〜〜〜

ここでは、わたし自身のマーケティング能力向上について。

参加して思ったのは、「まだまだ、やることはある!」

日々、何となくでも”やっている感”があるのですが、そんなもの、まだまだ。
まだまだ、やることがある!

語り合う会の最中、飛び交った内容は、間違いなく、士業界では最先端のものですね。

やはり、実績の出ている話は違います。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 17:52
| Comment(0) | 経営について

【たまにある】社長にとっての眠れぬ夜。

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は・・・
・起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化
・行政書士専業、社員雇用型として、現時点、中国五県で最大規模
という事務所です。


「10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い」をモットーにしています。

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013293413289.jpg


ただいま、午前2時。

実は、今晩は、眠れていません。
こんなに眠れないのは久しぶりですね。

「深夜に書くものほどオーバーで、あとで読むと恥ずかしいもの」なのですが、それを覚悟で、ちょっと書いてみようかなと思います。

〜〜〜

どんなにちっちゃくても、1つの事業体を背負って、やってゆくのは、プレッシャーがかかります。(自分で言うのは変ですが)

資金繰り、人財、売上、計画、進む先、マネジメント・・・

考えだすとキリがないことが、頭に徒然に浮かんでくる。

そうやって、最近はほんと時折ですが、眠れぬ夜が訪れるのです。

〜〜〜

言い方が難しいのですが、悩んでいるわけではないんです。

悩みの時期は、とうの昔に過ぎ去りました。

この眠れぬ夜の原因を、強いて言うなら、「不安と対策」。

漠然とした、ほんと、漠然とした不安、そしてその対策。

・あれ、どうしようか。

・これ、どうしようか。

・あーしたほうがいいんじゃないか。

・あれはやめたほうがええね。やっぱり。

など、ほんと、徒然に頭に浮かんでは消えてゆく

〜〜〜

不安の種類は、自分でも分かるくらい、年々、ブラッシュアップされているし、ステージアップもしている。

昔なら、解決方法が分からなかったものが、今なら、分かる。

こうやって、5年後、10年後、分かるものが増えてゆくのかな。

ただ、分からないものも、ほんと、たくさんある。まだまだ。

やって、成功するものがあれば、失敗するものもある。

おそらく、多くは、答えは無いと思います。

そこを思い切ってやることが、1つの解になるのかもしれません。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 17:11
| Comment(0) | 経営について

2015年04月22日

【オススメ】商標登録、なんか、ええですよ。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200315_0591084513279733608.jpg
 



t02200314_0589084113279733607.jpg
 
今日は、
【オススメ】商標登録、なんか、ええですよ。
です。

わたし自身がやってきたこと、やって思ったことについて、少し書かせてください。

悩んでいるあなたの助けになるかも。


〜〜〜

上の2つの画像は、出願して、すでに権利を取得している商標です。

弊社の社名である「ASUMIA」。
そして、グループ名称である「あすみあグループ」。

2つとも、特許庁へ出願して、登録査定が出た商標です。

ね、なんか、かっこええでしょう?

お偉いところから、お墨付きを受けているように感じるでしょ?

「かっこええ」は、不謹慎かもしれませんね。
商標法という法律で、保護される、れっきとした権利です。

〜〜〜

どんな保護か?

特許庁のウェブサイトから一部、説明を抜粋してみますね。

===引用 はじめ===
商標登録がなされると、権利者は、指定商品又は指定役務について登録商標を独占的に使用できるようになります権利を侵害する者に対しては、侵害行為の差し止め、損害賠償等を請求できます
===引用 終わり===


ね、結構、強い権利でしょ?
 
続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 12:07
| Comment(0) | 経営について

【納得】数字にすると分かりやすい!

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200158_0800057513277561378.jpg
 
【納得】数字にすると分かりやすい!
というタイトルで投稿させてもらいます。

今回の話題は、主に「起業、創業、開業する人」「中小零細企業、事業主」の方が使えるかもしれません。

〜〜〜

数字にすると分かりやすい!

わたしの一番身近な例では、
このブログの上のパーセンテージがまさにそうですね。

会社、法人設立は、広島県全体で設立される会社・法人全体の実質7.9%について、弊社がお任せいただいています。
※算出根拠はプロフィールの下を参照ください。

広島県内で「会社・法人設立」をサービスとして掲示できる資格業は、たぶん、1,500人〜2,000人くらいです。
単純に計算すると、1事務所あたり、0.05%〜0.06%のはずです。
(100÷1500、100÷2000)
弊社は、かなりこの分野に特化して経験と実績を積んでいると言えると思います。

〜〜〜

新規に建設業許可を取得することについては、広島県全体で新規に取得される建設業許可数の実質7.2%が、弊社にご依頼いただいたものです。
※算出根拠はプロフィールの下を参照ください。

ちなみに、広島県内の行政書士事務所の数は、たぶん1,000くらい。
単純に考えると、1事務所あたり、0.1%のはずですね。(100÷1000)
これも、かなり特化して経験と実績を積んでいます。

〜〜〜

ついでに、会計記帳代行についても、冒頭の数字と違いますが、平成23年の受任数の3倍になっていますので、平成23年比 300%です。

建設業という業種に絞って考えれば、平成23年比 500%になっています。

あの・・・こうやって、数字が並びすぎると、逆にわかりにくくなりますからご注意を(-_-;)

〜〜〜

仕切り直して、、、

あくまでも、自社について言えば、ですが、

「建設・建築・設備業で経験を積んで独立し、許可も取得したい」

建設・建築・設備業で経験を積んで法人成りして、許可も取得したい」

建設・建築・設備業で独立し、法人成りして、会計も任せたい」


というあなたには、ドンピシャの事務所です。

他の業種(介護、サービス、物販)も、もちろん、日頃たくさんご依頼いただいています。

独立、法人成り:http://e-kigyou.biz/
建設業許可:http://ken-hiroshima.com/
会計代行:http://hiroshima-kaikei.net/

〜〜〜

続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 11:57
| Comment(0) | 経営について

2015年04月01日

【ギクッ】何が特長?

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200398_0304055013261492626.jpg
 
今日は午前中、ある経営者さんと連携協議でした。

でね、ギクッとしたことがあるんです。

弊社で、新しく始めるサービスについて。

お話したところ、「何が特長ですか?」と聞かれました。

とっさに出てこなかった・・・(-_-;)

10秒程度、空いたあとに、取り繕った風に言葉が。

「高品質で、低価格で・・・」

これは、特長でも強みでもないですね。

口から出た、言葉の形を借りた、言い訳にすぎません

人間、いつになっても、勉強です。

初心を忘れず、一生懸命、やってゆきたいと思います。

特長について。
五臓六腑に深く落ちるくらい、考え、煮詰めないと

よし、やるぞ!

〜〜〜

あ、その前に、今日締め切りの原稿の提出だ。

株式会社アックスコンサルティングさんのメールマガジン配信システム内の、建設業カテゴリのコンテンツをお任せいただいています。
毎月1回、提出。

執筆活動は、楽しいです。
なぜか、好きなんですね。

大学では、文章表現ゼミ専攻。

教授にたくさんの、たくさんのことを教えこまれました。
感謝に耐えません。

さて、まずは、執筆に集中!!

以上、投稿者 崎田 和伸でした。

 -----------------------------------

プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


※1 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。


=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)
、ぜひご購読ください。

バックナンバー、説明はこちら ↓
http://e-jimusho.com/newsle.html

【完全無料】 登録画面はこちら ↓↓


t02000104_0200010413138493516.gif

◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない場合、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※ぜひ「いいね」ください(^^)

posted by 崎田 和伸 at 17:35
| Comment(0) | 経営について

より価値を。

 10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。
行政書士法人Asumia(漢字:明日見歩)

======

o0480085513253165754.jpg

↑昨日イベントがあった大田区の会場です。

〜〜〜〜
ただいま、東京から広島へ帰る、新幹線の中です。
途中、大阪に寄って、打ち合わせします。
  
昨日、ブースセミナーして、色んな人と会って、想ったことがあるんです。

それは、
より高い価値を生み出せれば、世は認めてくれる
ということ。

これ、自分の中では、まだ漠然としていてまとまっていません。

価値って何だと思いますか?

〜〜〜〜

実は、価値って不思議なんですよ。

価格が安いのは価値です。
価格が高いのも価値です。
品質が高いのも価値です。
まれですが、品質が低いのも価値です。

人によって、物によって、お金によって、価値は上下し、左右もする

ある意味、「ヒト、モノ、カネ」。

すべての人に価値を感じていただくことは、不可能です。
だって、みんな、違う。立場が違えば、必須のものが、ガラクタになる。

だけど、世の一部の人に圧倒的な価値を感じていただくことは、可能。

この世の一部の人に、弊社が、組織として、「圧倒的な価値を届ける」ことって、どんなもんだろう?

その価値は、継続、反復しうるものか?

〜〜〜〜

新しいビジネスを聴く機会は多いです。

でね、正直いいますと、継続、反復できそうにないものは、わたし、すごく冷ややかな捉え方になります

だって、継続、反復できないもので、収益が上がるとは思えない。

新しいビジネスであれば特に、収益化の目処をつけないといけない。

ほとんどの場合、収益は、継続と反復から生まれます。(どデカイ不動産仲介案件は、違います)

収益化の目処が無いビジネスは、極論を言ってしまえば、ものすごく高額な趣味です。

手厳しい表現になりましたが、
起業するとき、新規進出するとき、これを忘れてしまうと、手痛い目に遭います。

何言おう、わたしがまさそうだった。
300万損して、会社一つ、休眠させてます^_^;

高くついた趣味でしょ?

〜〜〜〜

継続、反復しうるもの。
かつ
世の一部の人に圧倒的な価値を感じて頂けるもの。
かつ
弊社のサービス、若しくは水平展開しうる分野のサービスや商品。

わたしは、今日から、これを模索するのかな?

他人事みたいな表現ですね^_^;

冒頭で書いた通り、漠然としていて、答えが無いんです。

いつもより増して、締め方、分かりません
(ー ー;)

考え、深堀し、自分が答えと思うのもを実践する。

これしかないのかな。

そんなことを想う、今日この頃です。

投稿者 崎田 和伸

posted by 崎田 和伸 at 12:20
| Comment(0) | 経営について

【ブースセミナー】やり切った・・・(^_^;) 【ブースセミナー】やり切った・・・(^_^;) 【ブースセミナー】やり切った・・・(^_^;) 【ブースセミナー】やり切った・・・(^_^;)

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は・・・
・起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化
・行政書士専業事務所として、中国五県最大規模
という事務所です。

◆◇━━━↓↓本文↓↓━━━━◇◆

t02200293_0640085213252551761.jpg
 
わたしは行政書士。
士業と呼ばれる業界に属しています。

この士業の業界。
大変革期です。

情報、成功している事例を仕入れないと、なかなか経営は難しい。
短期的には良くても、中期、長期的に難しい。

士業でも、中小零細企業の社長さんでも、事業主さんでも。
あなたが迷っているのと全く同じで、わたしも日々、迷っています。

〜〜〜

ということで、士業向けの大きなイベントのため、東京に来ています。

TERACOYA For SAMURAI

というイベントです。ウェブサイトはこちら ↓

http://teracoya-samurai.com/

〜〜〜

でね、参加の申込をしてすぐ、主催者から連絡が・・・。

セミナー、してもらえませんか?

尊敬する人なので、二つ返事で、「OKですよ!

普通だったら引き受けません(^_^;)

セミナーのタイトルは、こちらです↓

=====

地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、

組織として運営する方法 

ウェブサイト上でのご紹介部分はこちら ↓

http://teracoya-samurai.com/#booth

=====


〜〜〜

今日は、そのセミナー、やってきました。

30分×3セット。
同じ内容。


同じ日に、同じ内容を3セットなんて、生まれて初めての経験。

どうなることかと思ってました。

でも・・・

聴いて下さった方からは、こんな声が。

とても勉強になった!

いや〜良かった!(原文、いや原声)

将来の絵が見ててきた感じがする!(同じく原声)


写真がこちら ↓

t02200293_0640085213252551761.jpg



〜〜〜

やってよかったです。

お受けしてよかった。

でね、それもいいのですが、仕入れた情報も、ハンパない

★成功事例。

★失敗事例。

★ノウハウ。

★最先端のクラウド情報。

最後に・・・何よりも、人と人とのつながり

〜〜〜

とても良い機会となりました。

また折があれば、報告させてもらいたいと思います。

これからも頑張るぞ!

投稿者 崎田 和伸でした。

プロフィールはこちら ↓
http://e-jimusho.com/profile.html

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。

t02000104_0200010413138493516 (1).gif



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない方は、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい
続きを読む
posted by 崎田 和伸 at 12:18
| Comment(0) | 経営について

2015年03月18日

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013241686414.jpg
 
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

わたしが働く中で、根っこに近いところにある言葉です。

言ったのは、ビスマルクさん。昔のドイツの宰相です。
ウィキペディアの情報がこちら↓↓
http://goo.gl/JdHNq1

〜〜〜

2000年に行政書士として起業してから、生き方、ビジネス界での身のこなし方、事業展開もろもろ…
その多くで愚者」でした。

全部、自分の頭の中の広さだけで判断し、動いてきた。

そんな自分が、起業して15年経ったいま、思うんです。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶだな〜、と。

自分の知識や経験だけを拠り所(よりどころ)に判断することって、いや〜危険だな〜と。

普段、肝に銘じているところです。

〜〜〜

最近、新しくわたしの部下になった女性がいます。

その部下に、今日、質問してみたんです。

わたし:「突拍子のない質問だけど、なんで、ヨーロッパは、植民地を増やせたと思う?」

答えはこうでした。

部下の答え:
「軍事力ですか?、西欧の国同士、競ったからですか?」

教科書的には、正解かもしれませんね。
正解かどうかは知りません(^_^;)

何はともあれ、わたしは、違うと思うんです。

〜〜〜

ヨーロッパは、歴史を何層も、何層も、地層のように積み重ねてきました。

その多くを記録し、書籍化し、人ひとりの人生で消えてしまうようなこと(=経験)を体系化していた。

ローマの哲学者の考え方も、法律も。
失敗事例も、成功事例も。

膨大な知識と経験を、積み重ねていた

その「結果」が、先進文明であり、軍事力に過ぎません。

〜〜〜

他方、植民地とされた国々の多くは、自分ひとりの狭い知識や考え方で、戦った。
ないしは、積み重ねられたものが、攻めて来た側と比べると、圧倒的に薄かった。

積み重なる知恵を、紙に例えると・・・

ヨーロッパは、紙の束で、戦った
バシンバシン!とね。

「昔、たしか、★伯爵は、◆の方法で失敗していたな〜」
「統治するんなら、こういう方法がいいね〜」
「戦い方は、こうしないとね」
という感じです。

植民地とされた国は、紙1枚で戦った。ないしは、紙 数枚で戦った。
ペラペラです。
積み重ねが少ない状態で、対応していた。

結果、負けた

ヨーロッパ諸国が勝った後は、先人の知恵に基づいた統治機構ができあがり、長く、植民地として、ヨーロッパ諸国に都合が良い形で「繁栄」した。

〜〜〜

上の質問と答えについて。

わたし:
「なんで、ヨーロッパは、植民地を増やせたと思う?」

部下の答え:
「軍事力ですか?、西欧の国同士、競ったからですか?」

わたしの答えは、

「軍事力でもない」
「競ったからでもない」。

ヨーロッパが植民地を増やせた理由、それは、

自分の経験のみに頼ることなく、先人の歴史に学んだから

歴史を積み重ねることを重要な要素として考えていたから


軍事力は、その結果にすぎない。

競ったのは、状況、環境にすぎない。

というふうに、偉そうだとお思いかもしれませんが、思うんです。

〜〜〜

今、わたしはどうか?

・自分自身で考えます。

・自分の経験から、成功するかどうかを考えます。

そのうえで

・成功事例や失敗事例が無いか、
貪欲に、探します。(本、ネット、人に会う)

集めた事例の中から、事業の方向性等を考えます

・先人の知恵を得るための機会があれば、参加します。


一例として・・・

今月、東京へ行きます。成功事例を、血眼になって、探してきます。

TERACOYA forサムライ
http://teracoya-samurai.com/

なぜか、ブースで講演しないといけないようになっているんですが、基本的には、「成功事例を、血眼になって、探してきます」。(^_^;)

※講演、きっちりとさせてもらいます!

t02200135_0800049213241729173.jpg



〜〜〜

でも、一生懸命、探しても、偉そうに書いても、失敗します。

(1)
ただいま、求人活動まっさかりで、今日も面接でしたが、前回の求人※では、人が来ず、失敗しました。
※マーケティングに関する業務内容で人を募集した。今は、実務の補助者募集です。

現時点の求人情報はこちら ↓
http://e-jimusho.com/hojosha.html

(2)
先日、本当に有り難い提携話をいただきました。
誠実にお話をしていただいて、じっくり考えました・・・。
結果的に、お断りしてしまいました
これで良かったのかな、失敗なのかな。
ほんま、ええのかな〜。

〜〜〜

そんなこんなで、一日、一日、少しずつ、進んでいます。

新しく部下になった職員と同じです。

いつもうまくいかない。

でも、少しずつ。

以上、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ



投稿者 崎田 和伸でした。

 ---------------------------

プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


※1 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。


=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)
、ぜひご購読ください。

バックナンバー、説明はこちら ↓
http://e-jimusho.com/newsle.html

【完全無料】 登録画面はこちら ↓↓


t02000104_0200010413138493516 (1).gif

◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない場合、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※ぜひ「いいね」ください(^^)

posted by 崎田 和伸 at 15:26
| Comment(0) | 経営について

2015年03月11日

最良の稼ぎ方

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は、起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した、専門家事務所です!

◆◇━━━↓↓本文↓↓━━━━◇◆

t02200233_0519055013240447187.jpg
 
毎日、予定が入っています。

2000年(平成12年)に個人事業として開業して、予定が入っていない日々が続いたことが嘘のようです。
※予定は入っていなくても、暇だったという印象は全くないので、不思議ですが(^_^;)

でね、そんな中、思うんです。

経営者の方ばかり拝見していると。

稼いでいる人は、暇そうだ

稼いでいる人は、無名だ

〜〜〜

不思議ですね。

毎日、ドタバタと動き回っている人で、稼いでいる人を、あまり見ない。

時々は見ます。

有名な人で、稼いでいる人を、あまり見ない。

これも時々は見ます。

〜〜〜

わたしの言う、稼ぐって意味は、一時的にお金を手にするってことではありません

「稼ぐ」っていうのは・・・

長期的に安定して売上を上げている

または

安定して発展を遂げている

という会社さま。

そして、その社長さん。

※「稼ぐ」って、露骨な言い方かもしれませんが、一番わかり易いので、このブログでは使いますね。

〜〜〜

さて、冒頭で、書きました。

稼いでいる人は、暇そうだ

稼いでいる人は、無名だ

これって、わたしからの一方的な見方です。


・暇そうだ、について。

稼いでいる人は、本当は、忙しいはずなんです。

でも、忙しさを感じさせない

そして、忙しくないような体制を創っている


・無名だ、について。

稼いでいる人は、無名。

名前を聞くことはないけれど、実は安定している

実は発展を遂げている。

いつの間にか、です。

〜〜〜

最良の稼ぎ方。

この辺に、ヒントがありそうです。

わたしは当然、まだまだ。

毎日、なんだかんだと予定に翻弄されながら、なんだかんだと動いている。

あ、無名ということは同じだ(^_^;)

〜〜〜

自分の目指すところはどこだろう?

そんなことを、つらつらと考えております。

小さくても、組織として、みんなが昇給して、より良い暮らしができること。

弊社がお手伝いする起業、創業者さま、企業さまが、最短ルートで、安定、または発展いただく。


ここかな。

わたしも給料(役員報酬)を上げたい。

社会保険料は多く払いたくないですが(-_-;)

こんなことを、つらつらと考えております・・・。

〜〜〜

今日は、夕方からの予定が別日になりました。

ということは・・・

将来の仕事ができる!

・人から見て、暇そうに見える。

・人から見て、無名。

でも、安定して、発展している。

そんな法人に、そんな人になりたい。

そのために、いま、将来のための仕事をします!

以上、投稿者 崎田 和伸でした。


プロフィールはこちら ↓
http://e-jimusho.com/profile.html

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。

t02000104_0200010413138493516 (1).gif



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない方は、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい
posted by 崎田 和伸 at 14:40
| Comment(0) | 経営について

2015年02月19日

未来のために、商標出願してみた。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター
ネットからのご依頼はこちら

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200165_0640048013222402735.jpg
 
日々、忙しくさせていただいています。おかげさまです。

忙しさの「忙」の意味は、「心を亡くす」

心を亡くす。

とっても、嫌いです。

昔、自分ですべてを抱え込んで、どうにもこうにもならなくなり、行き詰まったことがあります。

忙しいとき、あえて、未来のことをするようにしています。

なんか、プラスなことをしている気分になる(^_^;)

今回のは、その一例ですね。

〜〜〜

で、ふと思い立ち、商標登録の出願をしてみました。

参考)商標登録とは?
特許庁説明ページ
http://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/chizai08.htm

本来であれば、弁理士さんにお願いすることです。
法律上では弁理士という職業の方に依頼することができる手続きとなります。
(他人から報酬を得て手続を代理できるのが、弁理士。)

今回、「心を亡くしそうなときなので、出願手続きそのものに意味があること」から、わたし自身で、やってみることにしました。

経験としては、実は、4件目になります。
わたし自身が出願者となる商標の出願です。

〜〜〜

今回、出願した書類がこちら ↓

t02200191_0800069613222404282.png
 
隠しても意味ないですが、一応、整理番号と商標だけ、塗りつぶしますね。

特許庁で審査に入る前に公開してしまって、不利益があってはいけないので。
この辺、知らないのが、素人の証拠(^_^;)

【指定商品(指定役務)】を見てみてください。

デジタルで、ITで、クラウドな時代に「文房具」

なんと時代錯誤でしょう(^_^;)

出願時の書類は、たった2枚!

でも、この2枚のために、実にたくさんのことを調べなきゃならんのです。

少々、疲れました。

疲れても、たぶん、不十分でしょう。
プロにはかなわない。

でも申請してしまうのが、本人申請の強み!

〜〜〜

でね、出願すると、こんな封筒が送られてくるんです。



 t02200165_0800060013222402573.jpg


何かお分かりになりますか?

データベースに登録するための、「電子化手数料」

特許庁が、紙に書かれた内容を、打ち込む、入力するための手数料です。

聞いたことありますか?

なんで負担せにゃならんのじゃ。

でもね、したい人だけしろ、という手続きであり、わたし自身、好き好んでやっている出願ですから、謹んで、支払います

出願した紙が2枚ですから、合計2,600円なり。

弁理士へ依頼したら、普通、電子申請ですから、不要なものです。

自分でするから必要になるものですね。

近日、納付しなければなりません(-_-;)

〜〜〜

今回、どれくらい、審査期間が必要なのでしょう。

6ヶ月?3ヶ月?

よくわかりません。

忘れたころに、審査結果が来るものと思います。

登録査定か、拒絶査定か?

登録査定とは、登録しますよって意味。
拒絶査定とは、登録できませんよって意味。

拒絶査定が来たら、「こうだから、あーだから登録してくれよ〜」という書類を提出して、登録の努力をすることになります。

商標権、とっても強いですからね。権利を獲得するのは一苦労。

〜〜〜

登録完了すると、登録料を支払います。

1区分(指定商品(指定役務)のことです)、10年間で、37,600円。(現時点)

その【指定商品(指定役務)】で、登録した【商標】は、日本国内において、わたし以外、使えないことになります。

使用を許せば、使えます。使用許諾といいますね。

〜〜〜

説明が遅くなりましたが、商標権って、強いんですよ。

使っている人が多いと思います。

「iphone」。

実は、類似した商標を、以前、名古屋の会社が商標登録しています。

日本国内と世界全体への商標登録。

アップル社は、この名古屋の会社に、商標の使用料を支払っているんです。

皆さん、iphoneを購入するとき、その購入代金の何パーセントかわかりませんが、名古屋の会社に支払う商標使用料を負担しているんです。

特殊な事例かもしれませんが、商標権の強さを示す例ですね。

ちなみに、今回わたしが出願したのは、日本国内だけの商標権です。

〜〜〜

あ、気づいた。

「忘れたころに審査結果が来る」で。

「忘れる」って漢字も、心を亡くすって書きますね!

でも、これは、嫌いじゃない。

嫌なものを忘れることって、得意です(^_^;)


では!

以上、投稿者 崎田 和伸でした。


 ----------------------------------------

 プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


※1 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。

t02000104_0200010413138493516.gif
 
◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない場合、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい

posted by 崎田 和伸 at 16:26
| Comment(0) | 経営について

2015年01月05日

ベストパートナーズグループ株式会社への出資

☆起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化し
☆行政書士専業事務所としては、中国五県最大規模であり
☆ご依頼満足度において5段階の4段階以上の割合は96.9%※であり
☆「10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくこと」をサポートの念頭に考えている、

それが、行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)です。

◆◇━━━↓↓本文↓↓━━━━◇◆

t02200176_0250020013179470419.jpg
 


新年、あけましておめでとうございます。

毎日書かなきゃと思いながら、もう4日(-_-;)
ネタは意識して用意しているつもりなのですが、思うようにいきませんね。

今年2015年の1回目の投稿は、「ベストパートナーズグループ株式会社への出資」です。

北九州、福岡といった九州圏を中心にサポートする会社が今月、立ち上がります。
そこへ出資をすることにしました。

この会社さんは、税理士、公認会計士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士などの専門家が集まって立ち上がる統括・コンサルティング会社です。
本店は北九州市、支店は福岡市。

ひょんなことから、出資の話が決まりました。
立ち上げメンバーの方と以前から知己で、お声がけをいただいて、とっさに決めてしまった(^_^;)
わたしは出資のみで、役員には就任はしません。

出資と言っても、大きな割合じゃありませんよ。
文字で書けば、単なる出資。つまり、株主です。
かっこいい言い方では「資本提携」に近いと思います。

〜〜〜

なぜ?
自分でも、とっさに決めてしまったのを後から疑問に思うのですが、事実、その瞬間、決めた。
不思議だ・・・。

今、弊社は、あすみあグループという専門家の集合体に参画しています。
創立は2013年。
現時点、わたしがその代表者を務めさせてもらっています。

あすみあグループ ホームページはこちら↓
http://asumia.jp/

広島、岡山、島根、京都の税理士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士に参画をいただいています。
グループ内では、いろんな連携がされています。
これから、人柄と方向性が極めて重要ではありますが、この方だ!という専門家の方には、入っていただきたいと思っています。(拡大ありきじゃないです)

今回、わたしが出資させてもらった理由は・・・

・ベストパートナーズグループさんと、あすみあグループ。お互いに切磋琢磨しながら、良い連携ができないかな。
・九州地方、中国地方、近畿地方を包括して、法律・会計サービスを提供できないかな。
・これらの結果、参画する事務所それぞれの顧客の皆さまに、より良い、より広範囲なサービスによって、安定と発展に寄与できないかな。
・ベストパートナーズグループの方々とお会いして、良い方々ばかりと感じた。
・なんか、楽しそう。


ということからです。
なんだか大きな話ですね。たわごとだと思って下さい。

あくまでも、わたし個人の出資です。
あすみあグループの皆さんとは、現時点、直接的な関係はありませんが、そのうち、出てくると思います。(=活用できることが増えてくる)

これから立ち上げる会社ですので、まだ具体的な連携の話はしていません。
すべて、これから、ですね。

あ、忘れるところでした。
本来であれば、提携の話がまとまってから、出資するものですよ。
そうじゃないといけない。
でも、これが、わたしだと思って下さい。
変なところで、勢いの人間です(^_^;)

〜〜〜

世のほとんどの業界では、提携、連携、業界再編が進んでいます

先日新聞で読みましたが、特に「提携」って、数が増えているようですね。
単独で事業していたのが、どんどん、難しくなってきている。

2社以上の経営資源を合わせて、安定につなげてゆく、困難に立ち向かってゆく。
この形が、これからもっと増えてゆく
と思います。

業務提携契約書ってやつを、お仕事として数十件は、させてもらっていると思います。
※ウェブサイトはこちら http://kei-yaku.net/

そんな中、おもいますが、2社以上が一緒に何かをするって、大変なことです。
それぞれ抱えているものが違います。
壁はある。時には意見が違うときもある。
でも、それを乗り越えたら、何かが見えてくる。
このように思います。

契約書を作成するにあたっては、「信用」という根っこは重視しながらも、想定できる、ありとあらゆる「壁」に対処する条項を入れ込んでゆきます。
当然、書くには限界がありますが、提携って、ほんと、難しいものなんです。

〜〜〜

「士」の業界に、いつこの波(提携、連携、業界再編)が来るのか、分かりません。
すでに始まっているのか、も分かりません。

でもね、今回、お話をいただいたとき思ったんです。

いつやるか?今でしょ」。
※ちょっと古いかな。

今後、いい話になってゆけばいいのですけどね〜。
いや、してゆく!

ということで、本年も(ぼちぼち、無理せず)頑張ってゆきますので、よろしくお願い申し上げます。

以上、投稿者 崎田 和伸でした。

プロフィールはこちら ↓
http://e-jimusho.com/profile.html

※ 平成20年〜平成25年の5年間のアンケートシートに基づいた数値です。
実際のアンケートシートはこちら ↓
http://e-jimusho.com/koe.html

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。

t02000104_0200010413138493516.gif



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない方は、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい
posted by 崎田 和伸 at 14:39
| Comment(0) | 経営について

2014年12月18日

【感慨】ご紹介をすることについて

☆起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化し
☆業界トップクラスのサポート経験を持つ専門家集団であり、

☆一般の企業と同じ応対品質を備えている行政書士事務所。
☆10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくことを常に考えている。

それが、行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)です。

◆◇━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━◇◆

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
広島会社設立サポートセンター ネットからのご依頼はこちら
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター ネットからのご依頼はこちら

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント(※3)
広島経理・会計代行センター

◆◇━━━↓↓本文です↓↓━━━━◇◆





今回のタイトルは、
【感慨】ご紹介をすることについて。

意外と長文です。

〜〜〜

最近、依頼人さま同士をお結びすることが多いです。

あることをしたい依頼人さまに、そのサポートができる依頼人さまをお結びする。

連携先を探している依頼人さまに、最適と思う事業者さまをお結びする。

普段のサービス提供の中で出てくることって、実はあまりなくて、ランチ会Asumiaお客様サポートの中から出てくることが多いです。

〜〜〜

弊社が個人事業で創業したのが2000年でした。

たしか、「事務所を開いたぞ!」と、しっかりと意識したのが、2000年12月25日。
行政書士事務所の看板が、玄関についた日です。

もうすぐで、丸14年が終わり、15年目に入ります。

おかげ様で、たくさんのご縁をいただいてきました。
ほんとにたくさん。
心から、心から、お礼申し上げます。

〜〜〜

まだまだ昇りゆく途中、夢の途中ですけども、なんか最近、思うことがあります。2つです。

1.起業とか事業とか、そういうものの、酸いも甘いも、ほんのすこし、嗅ぎ分けることができるようになったかな?

見てきた事例、自分自身が経験した事例を積み重なって、少しだけ、「うまくいくかも?うまくいかないかも?」の判断ができるようになってきた気がします。

共同事業をして決裂する事例、うまくいく事例、頓挫する事例、倒産する事例・・・ほんとうにたくさん、見させてもらいました。

なにか、「こうすればうまくゆくのでは?」という漠然とした感覚が備わりつつあります。

あ、自分自身や自社は例外です(-_-;)
自社について、うまくゆくのでは?は、だいたい外れる!

その証拠はこちら ↓
崎田 和伸プロフィール

人によく言っていますが、わたし、他人のことはよ〜〜く分かる。
数少なく、経営コンサルをさせてもらっていますが、倒産した企業様はありません。
実は、コンサル会社の経営コンサルもさせてもらっているのですよ(^_^;)


2.ご紹介できる依頼人さまが増えている。

お繋ぎできる母数が増えてきています。

数年前までの組織拡大や大きい企業中心の姿勢から、創業する人、創業した人、事業主さんのサポート中心に方針を大変更して、母数は、格段に増えています。
しつこいですが、ありがたいことです。

〜〜〜

じゃあ、ご紹介について、具体的に書いてみますね。

最近、こんなことがありました。
=紹介してほしい、というご要望です。

・依頼人さまの事業で、ある新規事業を立ち上がることになりました。この事業のために、あるものが必要。それを制作してくれる会社の紹介依頼がありました。

・依頼人さまの事業で、ある分野の会社と提携したいと思っておられて、紹介依頼がありました。

・依頼人さまの事業で、外部連携してくれる協力先が必要。そこで紹介依頼がありました。

・ご相談者のやりたい事業で、ある分野の専門家のコンサルが必要で、ご紹介依頼がありました。

・(少し前になりますが)建築会社が、電気工事の下請け先を探している。そこで紹介依頼。弊社の依頼人さまのうち、電気工事をしておられる、きちんと建設業許可を持っておられる会社さまをご紹介。

これらの「多く」について、依頼人さまの中から、ご紹介をしています。
※紹介依頼をいただいた方、紹介させていただく方それぞれ、依頼人さまでない場合もあります。

〜〜〜

なぜ依頼人さまなのか?

これ、「弊社に依頼すると良いことあるよ!」とは、絶対違います。
勘違いしないでください。
こんなことで、依頼をいただきたくない。
ご紹介というのは結果です。目的ではありません。
目的でご依頼をいただくと、弊社とは、長くお付き合いが難しいと思います。
(生意気ですみません・・・)

なぜ依頼人さまなのか?
それは、お仕事の依頼は、1つのプロジェクトだから。
始まり、苦労があり、終わる。
終わったあとは、対価のやり取りがある。

その一連の行為を終わった方じゃないと、ご紹介が難しいんです。

言い換えます。

お仕事の依頼、という1つのプロジェクトが終わった「依頼人さま」が「紹介してほしい」と言って下さった場合「だけ」、紹介をさせていただいている、ということになります。
※顧客の紹介依頼を受け、紹介するというのは、していません。結果的にそうなるケースはありますが、顧客そのものの紹介希望はお受けはしない方針です。ご了承ください。

〜〜〜

最後に・・・

「こういう会社さんがあるのですが、一度、話してみてもらえませんか?」という話をさせてもらった時、すごく気持ちのいい、返答をくださる方がいるのです

これって、すごい才能であり、スキルだと思います。
その方が育ってきた環境も、すごく影響しているのだとおもいます。

紹介って、するほうも、されるほうも、難しい問題があります。

それを知ったうえで「ご紹介、ありがとうございます!!」。

いや〜なかなか、言えませんよ。普通。

これからも、依頼人さま同士(依頼人さまでない場合もたまにありますが)のお繋ぎ、してゆきたいなと思います。

意外と長文になってしまいました。
最後までお読み下さったあなた、本当にありがとうございます!

以上、
投稿者 崎田でした。


プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html
※1 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい<(_ _)>

◆スタッフブログ

http://ameblo.jp/gyo-staff/
守秘義務、倫理に反しない限り、好きなものを好きなように書いてくれと伝えております。

◆営業エリア

多くの取り扱いサービスについて、対応エリアは次のとおりです。

広島県を中心として広島県、岡山県、島根県、山口県、鳥取県。
サービス内容によって地域が限られるものがあります。
その場合、あすみあグループ内をはじめとして、グループ外であっても各地域の最適な専門家を紹介させていただきます。

参考:あすみあグループ
http://asumia.jp/

◆お問い合わせについて

お気軽にどうぞ。

「話してしまったら仕事になって、お金が発生するんじゃないか?」
「こんな小さいこと、話してはいけないんじゃないか?」
「秘密が外に出ることがあるんじゃないか?」

このようなことはありません。
ご安心ください。

なお、普段の生活で、★★士の仕事内容は分かりにくいもの。

弊社のサービス範囲外のときは、適切な専門家をご紹介いたします。ご安心くださいね。

累計2,500人以上の方からお問い合わせいただいています。

ご縁を大切に。
10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。
お話することを楽しみにしていますね。
posted by 崎田 和伸 at 16:30
| Comment(0) | 経営について

2014年12月15日

僕を超えた。

☆起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化し
☆業界トップクラスのサポート経験を持つ専門家集団であり、

☆一般の企業と同じ応対品質を備えている行政書士事務所。
☆10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくことを常に考えている。

それが、行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)です。

◆◇━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━◇◆

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
広島会社設立サポートセンター ネットからのご依頼はこちら
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター ネットからのご依頼はこちら

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント(※3)
広島経理・会計代行センター

◆◇━━━↓↓本文です↓↓━━━━◇◆




まず、ごちゃごちゃっと前置きから・・・
昨日は、いやまあ、忙しい一日でした。
結局、夕方の保育園のお迎えは、15分遅刻(-_-;)
午前中は、資料、書類作成から、そのまま、ある方と会食へ。

事務所へ帰り、引き続き資料作成。
午後作ったのは、依頼人さまへ新しい付加価値を提供するための、ある業種との提携のたたき台資料です。

その後、無料相談応対。
夕方5時、東京から連携の協議に1社お越しになり、協議。
お昼の会食もそうでしたが、とても有意義な場でした。

で、保育園へ。

昨日、一昨日と、建設業許可の業種追加会社設立代行経理会計記帳代行それぞれ、ご依頼いただきました。社一丸となって、誠実に遂行し、結果を出してゆきたいと思います。

前置き、以上です(-_-;)

〜〜〜

今日のタイトル「僕を超えた。」について。

お急ぎの契約書作成のご依頼
担当は、社員行政書士(株式会社でいうところの取締役)。
あえて名前は出しません(^_^;)

依頼人さまへ案を提出してくれたのですが、その時、ハッとしましたね。

僕を超えた。(あえて、なぜか、「僕」)

文書の中の条文を逐一、見た時ではありません。
パッと文書ファイルを開いた時の一瞬で感じる何か

これ、何だろう。

わたし、契約実務は自信があったんです。
実務数は、500以上。
その中には、作成もあり、改善業務もあり。
業務委託から提携契約、ウェブ規約まで、多種多様です。

あの・・・契約書系を500以上、経験積むって、この業界ではほとんど無いことだと思います(自分で言うな。)
むちゃくちゃ、させてもらいました。
好きか?嫌いか?といえば、個人的には好きな業務です。

でも、わたしが実務100%で運営すると、組織は崩壊してゆくと、わたしは思っています。
実務から少しずつ抜けなければならない。
今日の糧を得る仕事から、明日の糧、来週の糧、来月の糧・・・5年後、10年後の糧を得る仕事へ。

糧の話はいいのですが、契約書作成の現場では・・・
わたしの契約実務の作成の様子を見てもらい、一緒に作ってもらい、作ってもらったものを確認し、そして、今に至っています。
すごく長い道のり。

わたしがどうのこうの、というより、契約実務は、担当してくれる人が、真摯(しんし)に向き合わなければ、成し遂げることは難しい業務でもあります。
その真摯さ。本当にすごい。
※わたしのことじゃなく。

行政書士は、弁護士のように、「自分で作成した契約書を使った取引で何かあったときに、自分で訴訟代理人になること」は、できません。
行政書士は、訴訟代理人になれない。

いわば、「自分の尻を、自分で拭けない」状態。
※汚い表現ですみません。

仕事って、そのほとんどで、「立ち位置」「姿勢」がとても大切。
仕事の至る所に影響します。

契約書作成業務は、すごく神経を使うお仕事なんです。

〜〜〜

今回の契約書。
時間と報酬が限られている中での最良の成果ではないだろうか。
そう思いました。

ただ、ご覧になる依頼人さまがどうお思いになるか、ですね。
この点、とても気になります。
もちろん、今後を注視します。(満足いただけることを、心から祈るばかり・・。)

そして、わたしではここまでの水準まで引き上げるのは無理かも、と思いました。
これも、立ち位置や姿勢が関係することかもしれませんが、今のわたしの役割から考えると、「同じ時間で執務した時にも、ここまでは難しいだろう」と感じたのです。

何度も繰り返しますが、依頼人さまのご評価次第
行政書士の客観的評価は、依頼人さま次第です。
※弊社は顧客第一主義ではありませんが、この点は、偽らざる事実。

祈るばかり。

今回、何を書きたかったのでしょうね(-_-;)
いつもにも増して支離滅裂。

何はともあれ。
すばらしい仕事をする人、尊敬します。

別に、ブログで役職員に感謝の気持ちを伝えたいと思って書いているわけではありません。
面と向かって、言うつもりです(^_^;)

なんか、偽らざる気持ちを書いておこうかと思いました。

以上、
投稿者 崎田でした。

プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html
※1 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月〜平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい<(_ _)>

◆スタッフブログ

http://ameblo.jp/gyo-staff/
守秘義務、倫理に反しない限り、好きなものを好きなように書いてくれと伝えております。

◆営業エリア

多くの取り扱いサービスについて、対応エリアは次のとおりです。

広島県を中心として広島県、岡山県、島根県、山口県、鳥取県。
サービス内容によって地域が限られるものがあります。
その場合、あすみあグループ内をはじめとして、グループ外であっても各地域の最適な専門家を紹介させていただきます。

参考:あすみあグループ
http://asumia.jp/

◆お問い合わせについて

お気軽にどうぞ。

「話してしまったら仕事になって、お金が発生するんじゃないか?」
「こんな小さいこと、話してはいけないんじゃないか?」
「秘密が外に出ることがあるんじゃないか?」

このようなことはありません。
ご安心ください。

なお、普段の生活で、★★士の仕事内容は分かりにくいもの。

弊社のサービス範囲外のときは、適切な専門家をご紹介いたします。ご安心くださいね。

累計2,500人以上の方からお問い合わせいただいています。

ご縁を大切に。
10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。
お話することを楽しみにしていますね。
posted by 崎田 和伸 at 17:21
| Comment(0) | 経営について