2015年09月14日

【パネリスト出席】行政書士法人大討論会2015@渋谷

行政書士法人 Asumiaは・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。
エリアは広島県を中心とした中国五県。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

リンクはすべて、新しいタブが開きます。(PC)

t02200165_0800060013423337039.jpg
 
全国の行政書士法人代表者が集まる討論会。
たぶん業界で初めてのことですね。

パネリストとしてご指名をいただきましたので、出席してきました。

写真はこちら ↓
 
 t02200165_0800060013423338453.jpg
 
パネリスト、ご紹介します。
呼び名は「さん」で統一させてもらいますね。

右から、
行政書士法人GOAL 代表 石下貴大さん
法人サイト:http://go-al.co.jp/


名南行政書士法人 代表 大野裕次郎さん

ブログ:http://blog.livedoor.jp/oonoyujiro/

CTC行政書士法人 代表 中谷綾乃さん
法人サイト:http://www.ctc-cc.jp/

わたし
法人サイト:http://e-jimusho.com/

行政書士法人A.I.ファースト 代表 長江博仁さん
法人サイト:http://www.gyosei-shosi.com/
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 11:31
| Comment(0) | 経営について

2015年09月11日

【取得完了!】未来のための商標登録。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200309_0653091613419300659.jpg
 
前にも少し触れたことがあるのですが、
忙しさの「忙」の意味は、「心を亡くす」
だそうです。

まさにその通りだと思いますね。

忙しいときにあえて未来のことをやる

時折、でてくる、わたしの行動です。
悪いクセですね。

〜〜〜

以前、そんな瞬間があり、強引に「未来のこと」をしました。

商標の出願です。

それがこのたび、紆余曲折の末でしたが、取得できました
嬉しいな。

商標登録証はこちら ↓



t02200309_0653091613419300659.jpg
 
取得した商標は、「リーガルノート」です。

最初からの経緯など、過去のブログ記事で書いていますので、ご興味ある方はどうぞ。

未来のために、商標出願してみた。(2015年2月)
http://ameblo.jp/ksakida/entry-11991746350.html

商標登録の出願をしてみた。印がなかった・・・。(2015年3月)
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12003541470.html

番外:【オススメ】商標登録、なんか、ええですよ。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12015864882.html


〜〜〜

いつか、やりたいと思っている事業の商標を取得してみました。

まあ夢物語なんですけどもね。

それと、ふと思った方がおられるかもしれません。

「取得がなぜ今か?」です。

商標登録は、先願主義。

基本、一日でも先に出願した人が勝ち

だから、将来のためでも、先に出願し、権利化をした次第です。

わたしの持つ商標は、これで4つ目になります。

〜〜〜

商標って、強い権利です。
専門的には、「専用権」「禁止権」というのかな?

わたしが出願したのは国際商標ではないので、日本国内で効力が及びます。

前に弁護士さんが言っていました。

商標侵害の場合は、まず泳がせると。
損害賠償請求してもいいくらいに、請求額が貯まったら・・・
一気にドン!(請求または訴訟提起。)

その商標を使って得た売上の一定割合を賠償してもらうのだそうです。

一生懸命、働いて稼いだ売上を、ある日突然、持っていかれる・・・・

むちゃくちゃ恐いですよね(^_^;)
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 13:30
| Comment(0) | 経営について

2015年09月09日

【ワクワクします】行政書士法人大討論会2015

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200156_0800056613419805636.jpg
 
今週土曜日になりました。
行政書士法人大討論会2015。

9月12日(土)10:30〜渋谷です。

ありがたいことに、パネリストとしてご指名をいただきましたので、出席してきます。

詳細、会場参加、動画視聴のお申し込みはこちら ↓
http://gyo-gaku.com/touronkai/

このイベント。
わたしの知るかぎり、日本初、業界初です。

ワクワクしますね。

こんな風にご紹介をいただきました。

t02200330_0800119913419810161.jpg



〜〜〜

上記ホームページで触れられていますが、行政書士事務所って、全国に47000あります。
そのうち、行政書士「法人」の割合は、たった0.8%

行政書士法人とは、二人以上の行政書士で成り立つ組織的な形態です。

一般的な「中小企業」というジャンルの統計では、
個人事業者は243万者(58%)、会社は178万社(42%)。(2009年統計)

つまり、社長含めた「事業主」という枠組み全体を100%とすると、法人化してやっている人は、42%いることになります。

一般社会の「42%」と、
行政書士業界の
「0.8%」


一概に比較するのは強引かもしれませんが、
ものすごく少ないと言えるかと思います。

行政書士業界では、少なくとも10%〜15%くらいはあっても良い感じですよね。

これには、行政書士が仕事をするために登録する「行政書士会」へ支払う会費が、法人分、個人登録分の二重、いや実質は、三重取りといった、コストの問題も大きく影響しています。

それもあるのですが、業界そのものについて個人事業主の集まりという特徴があり、法人の特徴である「ノウハウの共有や承継」がなされていない現状があります。

個人的には、行政書士法人って形は、どんどん増えて欲しいと思っています。
ライバルは増えるかもしれませんけども、業界のためだし、ライバルじゃなく協業先になる可能性も極めて大きいですから。

業界の発展性のことを考えると、行政書士会へ支払う会費も、法人格1つで済む形にしないといけないのでは?と思っています。
会費の三重取りは法人にする意欲を著しく減退させますよ〜

議題がずれてきそうなので戻します(^_^;)
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 14:06
| Comment(0) | 経営について

2015年09月04日

【珍しく】夜、街、サシ飲み。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200291_0800105813415167690.jpg
 
わたし、夜、飲みに出ることはほとんどありません。
現在、年5回程度です。

その昔、年100回前後、夜の会合に出席していましたが、180度転換し、朝、一人で考える、仕事をすることを選びました。

※過去記事
【比較】夕方からの会合に年100回出席→限りなくゼロにした結果。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12058705278.html

そんなわたしですが、昨晩は珍しく、夜、飲みに出かける日でした。

夜の街は、いろんな面がありますね。久しく出かけていないと気づきがたくさんあります。
・・・それはそれで良かったのですが、今日の投稿は、そのことじゃありません。

〜〜〜

昨晩、出かけたのは、ある方との定期報告会のため。

弁護士事務所の代表の方です。
サシ飲みですね。

わたしには、15年間、定期的に、近況を報告しあっている弁護士さんがいます。
二人の中で「定期報告会」と名づけています。

昨日行ったお店がこちら ↓(庭の山椒)

t02200293_0800106713415167689.jpg



ここ5年くらい、できてなかったのですけども、久しぶりに行うことになりました。

〜〜〜

15年前、ある依頼者さんが
いい弁護士がいるから会って欲しい
と言われて、お会いしたのが始まりです。

珍しい出逢いですね。

で、お会いして、どこの馬の骨とも分からない20代の若造(=わたし)に、親切にしてくださいました。

あれからたぶん、20回近く、定期報告会、やってます。

お互い、事務所の代表なので、あったこと、やろうとしていること、考えていること、などを赤裸々に話し合うのですけども、いつも、ものすごい参考になります。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 11:20
| Comment(0) | 経営について

2015年09月02日

【感謝】わたしに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


t02200165_0800060013410437857.jpg


ふと仕事をしながら、思ったことがあるので、書かせてもらいますね。


それは・・・

経験することで、無駄なことはひとつもないな〜。

         

この写真は、わたしが昔、公庫から事業融資を『断られた』ときの文面です。


公庫とは、日本政策金融公庫という政府系金融機関です。


起業する時、会社を経営する時に、いの一番に融資を申し込むところです。(資金が必要であれば)


民間の金融機関に比べて融資してもらいやすいことで知られています。


さて、この文面。


サラッと、送付されてきます(-_-)

〜〜〜


はい。


融資お断りの文書です(-_-;)


顧客へ来たものじゃありませんよ。


わたしに来たものです。


そう、これが今日のタイトルの「ワシに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ」。


断られたのは、昔といっても、ほんの『2年前』のことです。


つい最近ですね。


〜〜〜


約3年前まで、になりますが、当時、顧客ターゲットは中堅、大手志向。


名だたる会社さまから、お問い合わせ、ご依頼をいただいていました。


また、「どうやって、大きな会社から顧問契約をいただくのか?」ということばかり考えていました。


だって、自分の事業が安定すると思ったから。


従業員もわたしも幸せになると思ったから。


そして、「名だたる会社から依頼を受ける行政書士」というものに酔っていたから。


全然、顧客目線ではありませんね(^_^;)

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 11:16
| Comment(0) | 経営について

2015年08月12日

【あえて書きます】グループは上下ではなく並列です。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


t02200141_0800051113393332810.jpg

先日、ある投稿をしました。

【たぶん】グループ代表としての動きが増えてゆきます。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12056444368.html

ほんと、グループ代表としての活動が増えています・・・(-_-;)

〜〜〜

今日も関連しての投稿です。

「あすみあグループ」というものをお話する中で時折、勘違いされることがあるので、「あえて」書いておきたいなと思います。

グループ参画者同士は、上下関係ではなく、並列です

わたしは、グループ創生期(=いま)のグループ代表者であって、ずっと代表者ではありません。単なる企画者であり、立ち上げ者に過ぎません。

それぞれは、支店でも営業所でもありません

ましてや、それぞれが、他の事務所の傘下ではありません

あすみあグループとは、「同じ理念のもと、似た価値観を持つ事業体同士が、緩やかに、しっかりとした仕組みでつながった枠組み」とお考えください。

〜〜〜

並列、といっても、グループ内に、第一種、第二種といった区分けと役割分担は、あります。

第一種(事務所)とは・・・事務所名、法人名そのものに、「あすみあ」、「Asumia」、「明日見歩」または「アスミア」を含む事業体です。

弊社のような事業体ですね。


t02200064_0503014613389740454 (2).gif
 
あすみあ土地家屋調査士事務所さんもそうです。

t02200064_0503014613389781573.gif

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 09:50
| Comment(0) | 経営について

2015年08月03日

【なぜ】事業で生き残る社長がなぜマージャンが強いのか?その理由 5つ。

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200147_0800053413380511351.jpg
 
マージャンが好きです。趣味ですね。

弱いです。

でも好きです。

基本、生活が夜型じゃないので、頻繁にやっているわけではありません。
年に数回ほど。

最近、ご存じの方が増えてきましたが、実は、大会もやってます。
歴史は意外と古いです。細〜く長〜く。
↓↓
お金を賭けない、名誉をかけるマージャン大会
広風杯(こうふうはい)
http://maja-n.com/

そんなわたしですが、主宰者として、打ち手として、感じるものがあります。

それは・・・

実際の事業で生き残る社長は、マージャンが強い、ということ。

※今まで一緒に卓を囲んだ人で、強い人の中には、社長ではない方もいますが、今回「社長」にフォーカスして、思い出しながら書いています。

〜〜〜

実際の事業で生き残る社長がなぜマージャンが強いのか?

その理由はいくつもありますが、5つほど書きます。

読んだあと、「当たり前じゃん」と言わないでください(^_^;)
この当たり前ができる人が強いんです・・・。


(1)打ち方がスマートである。

マージャンは、テンパイというアガリ直前の形に持ってゆくのに、紆余曲折あります。

事業で生き残る社長は、最短距離でテンパイに持ってゆく可能性が高い。

大きな手のために、無駄な遠回りは控えているように思えます。

大局を見て、大きな手を狙うべきか、小さな手で済ますべきか、瞬間的に考え、選択している。

そして、(そのゲーム単独ではない)総合得点も頭に入れていて、「今、目の前にある配牌をどう組み立てていくか」を決めている。

目の前の現実への場当たり的な対処ではなく、大局から見た根拠のある対処とでも言うべきでしょうか。

最短距離で、最適なかたちへ持ってゆかれます。


(2)非情になるべきシーンを知っている。

卓で、自分がその時点でトップだったとします。オーラス(=一番最後の順番)です。

お金を賭けないこともあり、優しい人は、同じ卓で打っている皆を気遣うシーンがあります。

安い役でアガることができるのに、しない。

もう少し大きな手を目指す。(=皆のために目指してあげる)

事業で生き残る社長は、
勝つために、場の空気を察するよりも、サクッとアガる方を選ぶ
ように思えます。
今までのゲームでの総合得点がいくらトップでも。

「最後なのに、そんな手でアガるの!?」

これを気にしない。

で、これも大切なのですが、非情にサックっとアガって、一位を確定させて、そのゲームを終わる。


(3)迷わず、ロンする。

上の(2)と関連します。

マージャンは、相手から、ロン牌(=自分が最後に必要な牌)が出た時に「ロン!」と言って、アガります。

その時も、色んなことを考える方がおられます。
その人との関係や、ギスギスした雰囲気にしないためなどなど。

で結局、ロンせずに流してしまう人も多い。
(あくまでも、わたしの周りで見る限りでは。)

事業で生き残る社長は、迷わず、ロンする

雰囲気、しがらみ、関係ない。

実際も、関係ないんです。
皆、なんゲームか前のことは忘れちゃいますから。

それに、強い社長は、そのロンの瞬間、ロンされた人に、悔しさを和らげる表情や態度を示します。
それでいて、多くを語らない。「勝者の沈黙は金」であることを知っているかのように。

雰囲気、しがらみ関係なくロンしているのにも関わらず、ロンされた人と遺恨を残さない。

時には、その瞬間に、笑顔で、「いや〜運が良かった〜(^^)」とか、サラッと言われる。

その表情、態度が憎めない。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)



posted by 崎田 和伸 at 14:36
| Comment(0) | 経営について

2015年07月31日

【たぶん】グループ代表としての動きが増えてゆきます。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200199_0223020213381413096.jpg
 
弊社は、あすみあグループという専門家グループに所属しています。

わたしは行政書士法人 Asumiaの代表社員行政書士ですが、同時に、あすみあグループの代表者でもあります

このグループは、現時点、税理士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士で構成されており、参画事務所の所在は、広島、岡山、島根、京都の4都府県
9事業体です。

グループ参画事務所一覧はこちら↓
http://asumia.jp/office.html

弊社の法人名には、冠に、グループ名がついています。

t02200064_0503014613381424448.gif
 
こんな感じで、現在、9事業体が所属しているわけです。



〜〜〜

グループ代表者であると同時に、行政書士法人 Asumiaの代表と書きました。

生活の基盤は、行政書士法人なので、普段はどうしても、行政書士法人の活動が多くなります。
グループ代表者としての活動は限られてしまいます。

そんなこんなで、2つの顔を持って、自分なりに活動してきたのですが、どうやら8月から、少しずつ、グループ代表者としての活動が増えてゆきそうです。

行政書士法人の代表者としての活動は今までどおりですのでご安心を。

たぶん、活動の結果として、今の「税理士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士」の4種類、9事業体の体制から、もう少し、種類と事業体が増えると思います

これは、普段、事務所運営する中で、「あ〜、ここの分野にグループ事務所があったらいいのに〜」と感じるシーンが多くなってきたから。
依頼人さまからも、「これ、相談できる人いませんか?」という、今までに無い分野のご要望が増えてきたから。

グループとして拡大路線は採っていません。

第一に、人柄重視
第二に、方向性重視

少しずつ、人にお会いする機会が増えてゆきます。

〜〜〜

そんなこんなで、8月からも、少しずつ、グループ代表としての活動を増やしてゆきます。

それで、ある程度の体制ができあがったら、グループ代表を辞するつもりです。

これは、参画者の全員に、お伝え済みです(^_^;)
皆さん、驚いておられましたが。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 13:44
| Comment(0) | 経営について

2015年07月30日

【第6回(後編)掲載】地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●










t02200180_0769063013380509979.jpg



執筆が終わって、数週間経ってのご報告になりますが、最後の原稿がアップされました。

士業向けコンサルティング、マーケティング会社からご依頼を受け、執筆したものです。

地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法

第6回(後編)「人材育成に関して不可欠な3つのこと」
http://suke-dachi.com/knowhow/1385

これで本当に完稿です(^_^;)

終わった〜。ふぅ。

記事一覧をまとめたページはこちら
http://suke-dachi.com/suketto/544

〜〜〜


振り返って、1回目から順にご紹介しますね。

◆第1回

まずは、地方士業事務所の現状を知る
http://suke-dachi.com/knowhow/519



◆第2回

士業事務所の“カタチ”を知る
http://suke-dachi.com/knowhow/559



◆第3回

実相分離
http://suke-dachi.com/knowhow/734


◆第4回

集客体制を考える
http://suke-dachi.com/knowhow/971


◆第5回(前編)

案件遂行体制
http://suke-dachi.com/knowhow/1137


◆【第5回(後編)】

スパイラル回避
http://suke-dachi.com/knowhow/1147



◆第6回(前編)

人材育成
http://suke-dachi.com/knowhow/1257


そして今回、

◆第6回(後編)

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 09:59
| Comment(0) | 経営について

2015年07月23日

【継続募集中】連携いただける先を募集しています!(建設・建築・設備業界向け)

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200310_0390055013368170919 (1).jpg
 
先日、こんな記事を書かせてもらいました。

【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12036730317.html

【続】【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12037488337.html


〜〜〜

告知を始めてから、数社の方と協議をさせていただきました。
現在、連携開始か否か、決定はしていません。

わたしとしては、依頼人さまに複数の選択肢をもっていただきたいと思っています。
つまり、同じ分野で、複数社(実際は「2社」となります)との連携を考えています。

引き続き、募集しています。

弊社が普段、関与の多い「建設、建築、設備業界」に対する連携施策です。

どんな連携なのかは、お話してから決まってゆくと思います。

これらの業界の依頼人さまには、建設業許可を中心とした許認可手続をお任せいただいています。

この方々が「10年後もその先も、生き残り、安定・発展できるような連携」を実現したいです。
弊社としても、新しいご縁を得ることができたら、嬉しいです。

〜〜〜

超・具体的に書いてみますね。

★建設、建築、設備業の方々に建設機械等をリース、レンタル、販売している事業者さまへ

★建設、建築、設備業の方々に、建設工事のための損害保険を販売している会社、代理店(もちろんフリーランス含みます)、保険会社社員の方へ

★損害保険を販売している方の中で、
これを機に、建設、建築、設備業界に特化するくらいの勢いとやる気がある代理店、フリーランスの方へ。

★建設、建築、設備業の方々に、何らかの商品、サービスを提供している方へ。

・他社との競合が激しく、将来が不安。
・付加価値を提供したい。
・営業成績を伸ばしたい。

こうお感じになっていませんか?


弊社と連携しませんか?

 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 14:27
| Comment(0) | 経営について

【世にも恐ろしい】一枚のシートがあるのです。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02000300_0200030013366331485.jpg
 ↑ 弊社第四ミーティングスペース

長期計画を組んでいます。3年前から始めました。

期間としては、おおむね5年です。

★何をする方針なのか?
★何をして、いくら数字があって、どれくらいの推移、割合なのか?
★経費はいくらなのか?
★営業利益、経常利益はどれくらいなのか?


これらのものを、一枚のシートで作ってゆきます。
Googleのスプレッドシートという、エクセルに近いもので作ってます。
クラウドサービスですね。便利ですよ(^^)

原則、わたし一人きりの作業です。
できあがったシートは、役員同士で話し合って最終決定し、社内に公表しています。

〜〜〜

これを毎年、状況を見ながら、修正するべきはしてゆきます。
今ちょうど、見直し時期

これが大変です。
経営業務というのでしょうね。
ものすごく時間がかかる。

中小零細企業の市場環境は、スピード感が半端じゃないですよね。
弊社の置かれた環境も、同じです。

日によって「よし、これで」と思ったことが、ある日突発的に市場が変わり、違う側面が出てくる。

これでも、5年後を予測して、計画しないといけない。

実際やっていて、困難極まりない作業だと思ったりします。

〜〜〜

そんな中で、否応なく気づくことがあります。

雇用して、大なり小なり組織的にやろうとすると、必ず、売上は増加計画になる。

これにはいろんな要因がありますが、一番大きいのがこれでしょう ↓

働いている人たちのステージアップ、昇給

これ、必須だと思いますし、実際、必須になっています。

部下を持たない人が持つようになり、部署や役割を担うようになる

時間給で入った人が短時間社員になり、正社員になる

毎年、成果を上げることで昇給が実現する

これらをやろうとすると、必ず、必要になるのが、売上

本をたくさん読んだわけではありませんが、直感的に必須です。

〜〜〜

パーセンテージで言えば、売上が100%というものは決まっています。

この100%をどう振り分けるか、が焦点になるわけです。

ある項目が高すぎてもダメ、低すぎてもダメ。的確な数値じゃないと非現実的

予想が甘かったら、しっぺ返しを食らう

ほんとにまあ、難しいこと、この上なし。

〜〜〜

一枚のシートで作っているのですが、そりゃまあ、一目瞭然です。

良しも悪しも、一枚で分かる・・・。

経営者としては、怖〜〜いシートです。

ホラー映画よりも怖いっす
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 14:24
| Comment(0) | 経営について

2015年07月07日

【七不思議】公庫融資を断られた行政書士法人が、公庫と提携するということ。

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200233_0519055013356027243.jpg
 
考えてみると、不思議だなぁと思うことがあり、投稿させてもらいます。

先日、こんな記事を書かせてもらいました。

【ふと出てきた】「崎田くん、あなたには融資できませんよ」のお手紙
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12046046831.html

しつこいですけども、この中で、昔、「融資できませんよ」と公庫からもらった書類を再掲します(^_^;)



t02200293_0800106713354985388.jpg
 
普段、わたしの投稿を見て下さっている人は、お気づきかもしれません。
実は、最近、こんな投稿もしているんです。

2015年5月15日
【たぶん日本初】日本政策金融公庫の融資担当者が、弊社で相談対応、審査します!

http://ameblo.jp/ksakida/entry-12026099072.html

〜〜〜

これって、七不思議ですよね(^_^;)

昔、日本政策金融公庫に融資を断られた男が、日本政策金融公庫と提携している

こんな例、無いんじゃないかな。

そしてこんなのも ↓

2015年6月6日
【よし!】新しい連携での第一号、出た。日本政策金融公庫 融資。

http://ameblo.jp/ksakida/entry-12035345178.html

2015年6月24日
【融資祈念!】弊社にて、日本政策金融公庫の面接がありました。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12042198055.html
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 09:55
| Comment(0) | 経営について

【ふと出てきた】「崎田くん、あなたには融資できませんよ」のお手紙

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0800106713354985388.jpg
 
これ、なんだと思いますか?

昔、弊社が大変だった時代
(といってもそう昔じゃない時代)

昔、わたしが道を誤っていた時代

(組織や規模を目的にしてしまった時代)


日本政策金融公庫からの
崎田くん、あなたには、融資できませんよ

との通知書です。

融資してもらうために、一生懸命考えて、資料を出して、頑張りました。
その結果の通知書。

これもらっている人って、多くないんじゃないかな。
特に、「士」業の中では、相当珍しいんじゃないかな。

わたしね、これ、謝」しているんです。
それに、「勲章」だと思っているんです。

だって、断ってくれなきゃ、またズルズルと赤字をふくらませていた。
大きな方針転換まで、行き着けなかったと思います。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 09:43
| Comment(0) | 経営について

2015年06月30日

【第6回(前編)掲載】地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●







t02200180_0800065513350899045.jpg



士業向けコンサルティング、マーケティング会社からご依頼を受け、執筆しています。

わたしの遠回りな道のりで、感じたことが、あなたのお役に立てば嬉しいです。

小規模企業、サービス業のあなたにも、共通する部分、多いと思います。

シリーズに共通したタイトルは、
地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法」。

第6回目の前半がアップ(掲載)されました。

◆第6回(前編)
『人材育成』

t02200180_0800065513350899045.jpg



〜〜〜


振り返って、1回目から順にご紹介しますね。

◆第1回

まずは、地方士業事務所の現状を知る
http://suke-dachi.com/knowhow/519
 

~~~



続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)




posted by 崎田 和伸 at 10:35
| Comment(0) | 経営について

2015年06月29日

【第5回が掲載されました】地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●




t02200175_0800063613348046176.jpg



株式会社ウェイビーという、マーケティング、コンサルティング会社さんからご依頼をいただいて、士業向けのウェブ媒体で執筆させてもらっています。

社長が伊藤健太さんという方なのですが、この方がまぁ、人に頼むのがウマイ。
この方に頼まれたら、一も二もなく、承諾してしまう(^_^;)

連載記事、始めて、はや、5回目になります。

参考)伊藤健太さんのブログ ↓
http://ameblo.jp/itoken11/entry-12037919099.html

〜〜〜

わたしの担当連載記事のタイトルは・・・
地方都市圏で士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法」。

まあ、トンガッたタイトルです。

誰が読むんだ!?と思わないでもないですが、ごく一部の熱烈な読者がいて下さっているそうです。嬉しいです。

わたしの士業としての人生は、七転び、八起き
失敗と克服を繰り返して、今があります。

失敗を含めたプロフィール、こちらです ↓
http://ken-hiroshima.com/profile.html

自分で言うのも変ですが、もがいて、もがいて来ましたし、今でも、もがいています。
受けた融資も、毎月、返済中ですよ(^_^;)

そんな、まだまだの身分ではありますが、執筆のご依頼をいただきましたので、
よし!と書く決意をした次第です。

15年間の失敗と克服から得た確信を、一心不乱に書きなぐっています。

わたしの士業の人生が誰かの役に立てばと願っています。
士業でなくても、サービス業であれば共通したところが多いと思います。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 14:10
| Comment(0) | 経営について

2015年06月23日

【意外と話題にのぼらない】役員と従業員との決定的な違い一つ

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013336740391.jpg



今日は、
【意外と話題にのぼらない】役員と従業員との決定的な違いについて
です。
※この記事、弊社と同じような、中小零細企業を思い描いて書いています。中堅、大企業だと全く違ってくると思います。


いつか書いてみようと思っていました。

そもそも、コンサルタントじゃないのに、なんで書くの?と思わんでもないです。
ただ、自分のため、自分が経験したこと、考えたことが、誰かの役に立つかもしれないから、ですね。

この「役員と従業員の違い」は、深い命題なので、どうも、取っ掛かりがなかったです。
言葉足らずになるかも。
その時は機会を改めて、何度か続き、させてもらいますね。


これ、ネットで探しても、なかなか情報が出ていない。
普段、だいたいのことなら、記事が出てくると思うのですが、出てこない。


労務とか、法律のことは出てきますが、
知りたいのは、そこじゃないのです。

役員は、株主から委任を受けて業務する。
従業員は、会社と雇用契約を結んで業務する。
それは分かっているんです。

同じようで、全く別物の存在
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 09:52
| Comment(0) | 経営について

2015年06月22日

【弊社初】理系社員!

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200147_0300020013342381606.jpg
 ↑ 弊社の入っているビルの写真です。

【弊社初】理系社員!と題して、少し、書かせて下さい。

入社して、はや、1ヶ月になります。

弊社ではになります。
理系の社員が入社してくれました。

自己紹介はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/staff.html#noguchi

イラストはこちら ↓↓

t00980162_0098016213342380527.gif
 
東京からUターンして入社してくれました。
行政書士試験合格者です。

入社してくれて、ほんと、嬉しいなと思います。

〜〜〜

先日、晩飯を一緒に食いました。

その結果・・・いや〜理系ですね。

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 10:37
| Comment(0) | 経営について

2015年06月16日

【申し込んだ】士業経営勉強会。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200174_0756059813334597927.jpg
 
士業経営勉強会。

以前、わたしが事務局をさせてもらっていました。

今は、運営権のすべてを、法律、教育、医療向けウェブサイト制作会社さんに引き継いていただいています。

勉強会のページはこちら ↓
http://samurai-keiei.com/

〜〜〜

今度、第9回が開かれま

開催告知文はこちら ↓↓

【日時】

●開催日
2015年6月29日(月)


●時間
19時00分〜21時40分(受付開始18時45分)

●場所

合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)会議室A

http://www.cf.city.hiroshima.jp/m-plaza/

勉強会の後、弁当を食べながらの懇親会を予定しています。

広島市中区袋町6番36号 http://www.cf.city.hiroshima.jp/m-plaza/kotsu.html


【開催内容】

●講演タイトル
「MQ会計 レッドラインコントロール」
 経営者・経営幹部と話される士業の方向けセミナー。


●講師
 田中隆司 氏(株式会社IMPACT 代表取締役)

  西研究所公認MGインストラクター

  ソフトパワー研究所最上級TOCインストラクター

  中小企業庁ミラサポ認定専門家


【会費】

●お一人  3,000円

開催告知文 以上 ↑↑


〜〜〜

各士業ごとの参加枠が決まっていて、
弁護士、行政書士は、参加枠は埋まったようですね。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


 

posted by 崎田 和伸 at 09:45
| Comment(0) | 経営について

2015年06月12日

【続】【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています。

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200280_0432055013333643464.jpg
 
【続】【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています”です。

2日前、↓の投稿をさせてもらいました。

↓↓
【建設・建築・設備業界向け】連携いただける先を募集しています。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12036730317.html
↑↑

ブログってすごいですね。
数件、お問い合わせをいただきました。

ご連絡をいただいた皆様とは、今後、連携を模索してゆくことになると思います。
あいにく、すぐに連携に直結するものではありませんが、今後長い目で、話し合いながら進めてゆきたいです。
ありがたいことです。

〜〜〜

で、「ブログってすごいなぁ」と気づいたところで、
いい気になって、
もう少し具体的に告知をさせてください。

あれから、深く考えてみました。

そして、「組ませてもらったら、お互いの顧客に安定と成長の可能性が出てくる」だろう業種がはっきりしてきました

書きます。

↓↓

★顧客に付加価値を提供したい、顧客離れを防ぎたい、いい顧客を増やしてゆきたいと思っておられる
建設業機械リース会社または建材直販、卸売会社」さま。
 ※広島県内に本社、または支店、営業所がおありの会社さま。

★顧客に付加価値を提供したい、顧客離れを防ぎたい、いい顧客を増やしてゆきたいと思っておられる
保険契約高のうち、建設業界向け保険のウェイトが高い保険会社、保険代理店」さま。
 ※広島県内に本社、または支店、営業所がおありの会社さま。
 ※おそらく損害保険ですね。

↑↑

他にもありますが、まずは、この2つを、具体的なものとして、提示をさせていただきます。



〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)



posted by 崎田 和伸 at 09:59
| Comment(0) | 経営について

2015年06月10日

【第4回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200167_0800060713332760789.jpg



ある日勝手に自分に課した、1年限定365日ブログ執筆計画。
スタートから、たぶん60日目です。約2ヶ月。なんとか続いています(^_^;)


さて、今日は、執筆している、あるウェブ記事について、ご紹介させてください。

士業向けのコンサルティング、マーケティング会社さんからご依頼をいただいて、連載記事を執筆しています。

全6回シリーズ。ただいま、4回まで書きました。

タイトルは、
地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法」。

なんともニッチというか、誰が読むんだ!?というか、トンガッたタイトルですね・・・。

昨日、第4回目の記事がアップされました。

〜〜〜

わたし、ずっと、七転び、八起きしながら、事務所を運営してきました。

もがきながら(今でももがいていますが)やってきて、いつの間にか、
広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県の中の、
・行政書士専業である
・親族経営ではない
事務所で、一番大きい所帯になっています。

大きいといっても7名です。
それでも、行政書士業界では、中国五県で最大規模のようです。

ほんと、いつの間にか、です。
このブログで何度も触れていますが、わたしは規模を目指していません。

今回、お世話になっている方からお話があり、二つ返事でお受けしてしまいました(^_^;)

普段、思っています。

アウトプットはすなわちインプット。
アウトプットのないインプットは意味がない。


今回の連載執筆は、わたしにとってのアウトプットです。
書く中では、何度も考えなおしながら、進めています。
それが、経営のためには良いと感じます。
復習できますし、自分自身、考え直す機会になります。

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 11:35
| Comment(0) | 経営について