2015年09月02日

【感謝】わたしに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


t02200165_0800060013410437857.jpg


ふと仕事をしながら、思ったことがあるので、書かせてもらいますね。


それは・・・

経験することで、無駄なことはひとつもないな〜。

         

この写真は、わたしが昔、公庫から事業融資を『断られた』ときの文面です。


公庫とは、日本政策金融公庫という政府系金融機関です。


起業する時、会社を経営する時に、いの一番に融資を申し込むところです。(資金が必要であれば)


民間の金融機関に比べて融資してもらいやすいことで知られています。


さて、この文面。


サラッと、送付されてきます(-_-)

〜〜〜


はい。


融資お断りの文書です(-_-;)


顧客へ来たものじゃありませんよ。


わたしに来たものです。


そう、これが今日のタイトルの「ワシに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ」。


断られたのは、昔といっても、ほんの『2年前』のことです。


つい最近ですね。


〜〜〜


約3年前まで、になりますが、当時、顧客ターゲットは中堅、大手志向。


名だたる会社さまから、お問い合わせ、ご依頼をいただいていました。


また、「どうやって、大きな会社から顧問契約をいただくのか?」ということばかり考えていました。


だって、自分の事業が安定すると思ったから。


従業員もわたしも幸せになると思ったから。


そして、「名だたる会社から依頼を受ける行政書士」というものに酔っていたから。


全然、顧客目線ではありませんね(^_^;)

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 11:16
| Comment(0) | 経営について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: