2015年08月24日

【経営者必読】知らないうちに「か、解散!?」

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形としております。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t01850216_0185021613403034809.jpg
 
まずは、法務省のウェブサイトをご紹介します。 ↓↓

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00082.html

ご覧いただけたあなたも、そうでないあなたも、思うはずです。
よく分からん(-_-)

今日は、すこし噛み砕いて解説させてもらいたいなと思います。

噛み砕いていますから、“おおまかな”書き方になりますが、ご理解下さい。
実際に行動に移す前には、専門家または法務局に相談なさってくださいね。

〜〜〜

関係するのは・・・

株式会社
そして、一般社団法人又は一般財団法人です。

株式会社は、
最後の登記から12年経った。

一般社団法人と一般財団法人は、
最後の登記から5年経った。

こういう会社をお持ちのあなたに関係します。

放っておくと、こうなります。↓

解散したとみなされる。(=みなし解散といいます)

〜〜〜

いや、まだ解散させたくないよ”というあなたは、どうすればいいか?

↓↓

(1)平成27年12月14日(月)までに「まだ事業を廃止していない」旨の届出をする
または
(2)登記(役員変更等の登記)をする
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


 




posted by 崎田 和伸 at 11:12
| Comment(0) | 実務録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: