2015年07月07日

【自戒…】質問の形を借りた批判について考えてみる

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t00930162_0093016213356744111.gif


普段、気をつけていることがあります。

それは、「質問の形を借りた批判をしない」こと。

子育てでも、夫婦でも、部下を育てるときでも同じです。

こういうシーン、ありませんか?

なんで、こんなことするの!?

〜〜〜

「質問」というのは不思議です。

わたしは、いくつもの種類があると思っています。
本を読んだわけではないので、わたしだけの感覚かもしれません。

質問の種類について、考えてみますね。

(1)純粋な疑問解決

(2)批判の意味合いを含んだもの

(3)自ら考えてもらうための方向付けとして。

ふと考えると、この3つかな、と。

(1)と(3)は、わたし、もちろん、容認できます。
普段、よくやっていることですよね。

ただ(2)はいけないと感じます。

自分の意見、価値観を、質問という形を借りて、相手にぶつける質問

人生、これで、うまくいったためしがありません

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)


posted by 崎田 和伸 at 09:47
| Comment(0) | お仕事に対する考え方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: