2015年05月15日

【改めて想ふ】失敗してもいい。パート2

行政書士法人 Asumia(漢字:明日見歩)は・・・
・起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化
・行政書士専業、社員雇用型として、現時点、中国五県で最大規模
という事務所です。


「10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い」をモットーにしています。

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200293_0480064013297934223.jpg
 
昨日、「【改めて想ふ】失敗してもいい」というタイトルで、
NHKの「奇跡のレッスン フットサル日本代表監督・ミゲル・ロドリゴさんが小学生を指導する」
について、書かせてもらいました。

昨日の投稿はこちら↓
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12022310693.html


その後、ちょっとネット見ていると、わたしと同じように感想を持った方が何人かおられるようです。

今日は、それをご紹介したいと思います。

〜〜〜

◆NHK BS 奇跡のレッスン フットサル日本代表監督 ミゲル・ロドリゴ氏より
http://blogs.yahoo.co.jp/mto_sato924/12942444.html


NHKBS1「奇跡のレッスン」フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリゴ放送内容・感想まとめ
http://togetter.com/li/731541

ミゲル ロドリゴ 「奇跡のレッスン 世界最強コーチと子供たち」
http://kimamana.sakura.ne.jp/WP/post-31

ミゲル・ロドリゴ監督に学ぶ 〜奇跡のレッスン 世界最強コーチと子どもたち〜
http://ameblo.jp/n-erina-8/entry-11948593941.html

NHK「奇跡のレッスン」を見て と アロス・ネグロ
http://gurutsuba.exblog.jp/21760696/

〜〜〜

まだまだあるようです。

反響が大きいですね。

いろいろ見てみて、やはり私、思います。

これ、上司と部下、雇用主と従業員の関係そのものじゃないかと。

子供を育てることと、部下や従業員を育てることの間には、共通項がむちゃくちゃ多い。

雇用主、上司の役割は、極めて大きい。

子供に対する親、と同じくらいに大きい。

雇用主、上司次第で、その人の才能は開花する。

逆に「シュートを怖がるだけの人間」にしてしまったら、その人の才能はずっと花開かない。

〜〜〜

思い出してみてください。

あなたが学生の時代。

クラス替え、転校などで環境が大きく変わったとき。

・弾けた時期はありませんでしたか?

・楽しくて仕方ない時期はありませんでしたか?

・授業中、自信は無いけど、手を挙げることができる時期はありませんでしたか?


これらの時期は、長い、短い、はあると思います。

多くの人には、ほんの少しでも、記憶があるのではないでしょうか。

わたしは、小学校の5年生、6年生のときがそうです。まさに上にあるとおりの状態。

なぜか、充実し、楽しかった。


なぜ充実し、楽しかった?
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 11:32
| Comment(0) | お仕事に対する考え方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: