2010年09月13日

講師:行政書士の事務所経営

【 経営について 】
講師:行政書士の事務所経営
250_200-JQ181_72A.jpg

9月11日土曜日。
地元の行政書士会支部さんからのご依頼で、講師をして参りました。
行政書士会の新入会員向けの研修会。

わたしは、行政書士の事務所経営について、という題目で40〜50分あまり、出番でした。

わたしは、ずっと昔から、会務(行政書士会の役目)から離れていました。
開業10年が経とうとする中、経験やノウハウをお話することならば、行政書士会、そして行政書士業界のお役に立てるのではないかと思って、今年は、いくつか、講演をお引き受けしています。

行政書士事務所が安定した経営を行うことで、専門家責任を問われるような事故が減り、不正行為も減り、ひいては、社会に貢献できるのではないかとという仰々しい想いもあります。
(そんなこと言う前に、自分がきちんとしろというご意見もありますね・・・)

さて、行政書士会からの講演依頼をお引き受けしたのは、今年に入り、三回目です。

会務(行政書士会の役目)から離れていた、という文章でお分かりいただけるかもしれませんが、
わたし、同業(行政書士)との交流は、あまりありません。

もちろん、当事務所では取り扱いのない業務をご紹介したり、ご紹介いただいたり、という目的で、この人ならばという行政書士と連絡を取り合うことは、やっています。

一般から見えにくいのですが、広島県だけでも、行政書士会の会員(=登録者)は1000名。全国でいえば、40000名。
行政書士は、たくさんいます。
当事務所のように、行政書士を専門としている方は、おそらく、30%前後でしょう。
そのほかの70%は、他士業や不動産業との兼業の方と思います。

行政書士をはじめとして、士業と呼ばれる業界は、大変、立ち遅れています。
何が立ち遅れているのかというと、「経営」という点。

マーケティングを行うことは無く、「ブランディング」という言葉を聞いたことがない業界。
営業活動という「行為」を追いかけるので精一杯の業界です。

首都圏をはじめとする大都市圏では、事務所を「経営」している士業の割合が多いです。
大手経営コンサルティング会社さんのおかげもあるのでしょう。
何度か、東京や大阪で、勉強会に出席させてもらいましたが、すごい、の一言です。

日本で五本の指に入る、行政書士とお話する機会も、大阪でいただきました。
そのときは、自分の小ささを、心の底から感じたひと時でした。
そして、怖さも。

さて、行政書士会の研修会のお話に戻ります。

人数は30名くらい。
経営についてお話するのに40分という時間では到底足りないので、極めて大事なことだけ、数点、お話して参りました。
相変わらず、人前で話をすることを得意としていませんので、支離滅裂。

きちんとレジュメは作ったんです(^_^;)
でも、中身にある表には、触れることができないものもありました。

研修が終わっての懇親会にも出席させてもらいました。

・・・そうでした、忘れるところでした。書いておきます。

ピカリと光る方を見つけました
実は、最近、一度、お会いはしていたのですが、光るものを感じながらも、話す機会がほとんどなく、別れてしまっておりました。
正確に言えば、先週土曜日の研修会で、ピカリと光る方であったと確信した、というべきか。

研修後の懇親会では、ご本人は謙遜しておられましたが、士業「経営者」としての器が大きいとみました。
30分ほど、深い話をさせてもらいましたが、節々に光るものあり。
共感できる部分がとても多い。

今までの経験もすばらしい。
士業界での経験はゼロ。でも、士業界で「伸びる」経験をすべてやってきた方。

広島で収まる人なのか、全国へ羽ばたく人なのか、はたまた世界を相手にする人なのか。
広島には収まりそうにないなとは思いました。
そもそも、士業界という狭い世界に収まらないのかもしれません。

5年後、10年後、いや3年後でも、すえ恐ろしい。
早いうちに、協業体制、築きたいと、思いました。
絶対に、「競業」関係になってはいけない人ですね。

今回の研修会の一番の収穫は、この方とじっくりと話せたことです。

今後の楽しみが増えました。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、企業・個人事業主の支援に特化しております。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。
実務対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県(一部、全国対応の業務もございます)。

234_ani01.gif

SNS(フェイスブック、ツイッター)
Facebook(sakida kazunobu)document01-018.gif
twitter(ksakida)document01-018.gif
posted by 崎田 和伸 at 07:55
| Comment(2) | 経営について
この記事へのコメント
先生の講義、ぜひ聞いてみたかったです!わたしも新人行政書士なので。。先生のおっしゃる通り「目先」ばかり追う毎日です。
30年後、どういう仕事をしたいか。。ふと、思ったりはするけれど、深く考えず「計画」にまで落とし切れてません。また、機会があったら、先生の講義、参加させていただきたいです!(以前一度お聞きしましたが、支離滅裂なんて・・理路整然&クール!でしたよ!)
Posted by アキ子 at 2010年09月13日 09:32
アキ子さん、コメント、ありがとうございます。
次、いつになるか分かりませんが、講演のご要望があれば、前向きに検討したいと思っています。
といいつつも、わたし自身、事務所経営には、迷って、転んでばかり。あまり期待しないでください
Posted by 崎田 at 2010年09月13日 13:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: