2010年03月31日

龍馬伝のオープニング

【 日常の雑感、発見、出来事 】
龍馬伝のオープニング
龍馬伝・第2話 『-大器晩成?-』 SayMove!_1270007470862.jpeg

大河ドラマは、たくさんたくさん、見てきました。
その中で、オープニングを何度も繰り返して見るのは、龍馬伝が初めてです。

音楽、映像ともに、すごい。

今までこんなことなかったな〜。

坂本龍馬という人間がすごいなと思うのはもちろんです。
日本初というのを、いくつもやっていますね。

この大河ドラマを見ていて、思います。

坂本龍馬は、「絶妙な立ち位置」にいたのではないかと。

それも、自らの意思に基づいて。
一生懸命やれば手の届くところに標的を置いていた。

センスと運があったのでしょう。当然ながら、努力と、あきらめない心も。

わたくし事ですが、経営者の端くれとして、10年ほどビジネス界というものを見させてもらっていますと、事業が伸びる人は、この「立ち位置が良い」というのが共通点かな、と思います。

記念写真で、ど真ん中や端っこには居ないけど、気づけば、ちょっと右や左寄りの良い位置にいる人、いますよね。そんなイメージです。
龍馬が死後に有名になるところなんかは、如実。

そういえば、坂本龍馬ですが、祖先は、明智光秀という説があるそうです。
「本能寺の変のあと、近江の『坂本』というところに住んでいた、明智光秀の一族が、逃げて、土佐に移り住み、質屋を開いた」というものです。

龍馬の本家は、質屋の才谷屋。
土佐に質屋はそう多くなかったそうです。

近江の坂本城というのがあったといえば、歴史が好きな方はピンときますね。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、企業・個人事業主の支援に特化しております。
ウェブサイトはこちら


posted by 崎田 和伸 at 13:14
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: