2015年09月18日

【知っておいて損はなし!】解体工事業の専任技術者の資格。

※(パソコンの場合)リンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形式です。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→ http://e-kigyou.biz/

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→ http://ken-hiroshima.com/

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→ http://hiroshima-kaikei.net/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●




t01660250_0166025013427997163.jpg



建設業の方には、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。
建設業許可のうちのある業種についてです。

それは、新しく創設される「解体業」。

今まで、解体工事は、とび・土工工事業に含まれていましたが、来年から、分離、新設されます

平成28年6月からです。
注意が必要なことですね。

〜〜〜

このたび、国交省から、ある発表がありました。

建設業許可のうち、解体工事業で許可を取得するときに、
専任技術者として認められる資格一覧が決まりました。最終取りまとめです。

つまり・・・
許可を取得するとき、継続して持つために必要な技術者の資格
ですね。

最終案なので、ほぼ決定だと思います。
(念のため、正式な決定後に行動は決めましょうね)

こんな感じです ↓

〜〜〜

【新たな解体工事における主任技術者の資格等】

次のいずれかの資格等を有する者

・監理技術者の資格のいずれか
・2級土木施工管理技士(土木)
・2級建築施工管理技士(建築、躯体)
・とび技能士(1級、2級)
・建設リサイクル法の登録試験である解体工事施工技士
・解体工事に関し大卒(指定学科)3年以上、高卒(指定学科)5年以上、その他 10 年以上の実務経験を有する者

※1 土木施工管理技士、建築施工管理技士、技術士における既存資格者については解体工事の実務経験や関連講習の受講など施工能力の確認が必要
※2 とび技能士(2級)については、合格後、解体工事に関し3年以上の実務経験が必要

〜〜〜

「主任技術者」という言葉を、「専任技術者」、業界で言う、いわゆる「専技」と思っていただいて構いません。
許可を取得する、許可を維持するときに必要な資格です。
これらに替えて、今までどおり、「10年以上の実務経験」でも大丈夫です。
指定学科卒業後3年または5年以上の実務経験でも可です。

ちなみに、経過措置ってやつも出ています。
これは、「今まで、とび・土工工事を持っている人が、いつまで今の状態(資格なし、10年経験なし)で、許可を持ち続けられるのか?」です。

国交省の資料から、抜粋してみます。

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 09:20
| Comment(0) | 許認可TIPS

【御礼】最近のお問い合わせ&見積について想うこと。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に、中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200274_0441055013427098569.jpg



日々、いろんなお問い合わせ、ご依頼をいただいています。

本当に嬉しいことですし、ありがたく思っております。

弊社のような「★★士」に問い合わせるって、勇気いりますよね。
わたしだったら、勇気いります(-_-;)

だから、お一人お一人、一社一社、誠実に対応させていただいているつもりです。

今日は、9月1日〜昨日まで、お問い合わせをいただいた種類について、ご紹介したいと思います。
※もちろん、内容は、守秘義務がありますので、伏せております。

約2週間分、ですね。

ちなみに、すべて弊社で対応できるものではありません。
弊社対応できないものは、他士業、グループ内士業をご紹介したものもあります。

まずは、「いただいたお問い合わせ、ご依頼」ということで、一覧化してみますね。

〜〜〜


合同会社設立代行
電気工事業登録申請代行
古物営業許可申請代行
契約書作成代行
合同会社設立代行
建設業許可申請代行
商標出願
一般社団法人設立代行
特許出願
商標出願
創業融資サポート
NPO法人設立代行
一般社団法人設立
株式会社設立代行
建設業許可申請代行
合同会社設立代行
株式会社設立代行
役員任期変更
建設業許可申請代行
株式会社設立代行
株式会社設立代行
経理会計記帳代行
創業融資サポート
貨物利用運送事業許可申請
酒類販売免許申請代行
ウェブ上の利用規約等の作成

〜〜〜

ちょっと話がそれますが、お問い合わせ数、多いと思いますか、少ないと思いますか?

士業って不思議で、多い、少ないは無いんです多ければ売り上げが立つとは言い切れません。

代表者一人だけの事務所であれば、この4分の1以下のお問い合わせが通常だと思います。
それ以上だとたぶん、顧客対応そのものができません。ご依頼中や既存の顧客のサポートができなくなる。

弊社は人数は一般企業に比べて少ないですが、組織的な動きを目指しています。
なので、そのためのマーケティングをしていますし、実務体制も整えています。
(あ、結構、命がけで(^_^;))

ですので、弊社の立ち位置からすると、「ありがたい」を前提として、普段どおり、なんです。
本当にありがたく思っていますm(__)m

この「普段どおり」がミソです(^_^;)
普段どおり、お一人、お一人、一社、一社、誠実に対応させてもらっています。

弊社と同じくらいの規模の事務所で、この2倍も3倍も問い合わせが入っている事務所もあると思います。
それを羨ましくおもっても、仕方ない。
羨ましいとも思いません。

今の弊社の体制で、普段どおり、対応できるのは、この数が最適かなと思います。
「普段どおり、お一人、お一人、一社、一社、誠実に対応」できる数、ですね。

この調整が、超、難しい!
どこにあるか、いつ来るか分からない「お問い合わせ」というものを調整するのですから、超難問です。いつも暗中模索・・・。

体制構築も、超、難しい!
行政書士は特に、お問い合わせいただくこと(集客)よりも、ご依頼をお受けした後(遂行)が大変な業種だと思います(-_-;)
司法書士や土地家屋調査士、弁理士などのスポット系業務の多い職種も同じかもしれませんね。

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)
 

posted by 崎田 和伸 at 08:46
| Comment(0) | お仕事に対する考え方