2015年08月03日

【意外と知らない】型枠工事は、どの許可業種になる?

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200215_0550053813384555125.jpg



今日は、許認可のうち、建設業許可に関しての話題です。

弊社では、毎月、毎月、建設業許可取得のご依頼を受けて、申請させてもらっています。
現時点、広島県内で新規に出る許可の7%前後について、弊社がご依頼いただいている計算になります。

思いっきりチカラを入れている分野です。
専門サイトはこちら ↓↓
http://ken-hiroshima.com/

〜〜〜

先日、型枠工事は、どの許可業種になる?」というご相談がありました。

回答申し上げ、この社長さんは業種追加ですが、お手伝いさせていただくことになりました。

行政書士法人として、誠意、務めさせていただければと思います。

で、良い機会なので関連したことを含め、ブログで少し、説明させてもらいますね。

〜〜〜

建設業法では、型枠工事は独立した専門工事としては列挙されてはいません。
=「型枠工事業」という許可業種は無い。

28個※ある許可業種のうち、いずれかの業種に含まれることになります。
※来年、とび・土工・コンクリート工事から「解体工事」が分離されて29個になります。

型枠工事は、「基本的」には、大工工事に分類されます。

ただしこれは、「木の枠」についてです

昨今、型枠の素材は多様化しています。鋼、プラスチック、アクリル製などなど。

これら「木以外」については、とび・土工工事に分類されます。

ちなみに、木以外で、現場で型枠を最初から製造して組み立てるときには、機械器具設置工事業に当たる場合もあります。

ほとんど事例としては無いかもしれませんが、道路の歩道の基礎コンクリートの型枠を設置、解体する工事は、ほ装工事業に当たる「可能性」があります。

まとめますね。



〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)





posted by 崎田 和伸 at 14:39
| Comment(0) | 許認可TIPS

【なぜ】事業で生き残る社長がなぜマージャンが強いのか?その理由 5つ。

※当記事のリンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形となっています。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント
(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(専門サイトが開きます)

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント
(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!→詳しくはこちら!(〃)

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)→詳しくはこちら!(〃)

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200147_0800053413380511351.jpg
 
マージャンが好きです。趣味ですね。

弱いです。

でも好きです。

基本、生活が夜型じゃないので、頻繁にやっているわけではありません。
年に数回ほど。

最近、ご存じの方が増えてきましたが、実は、大会もやってます。
歴史は意外と古いです。細〜く長〜く。
↓↓
お金を賭けない、名誉をかけるマージャン大会
広風杯(こうふうはい)
http://maja-n.com/

そんなわたしですが、主宰者として、打ち手として、感じるものがあります。

それは・・・

実際の事業で生き残る社長は、マージャンが強い、ということ。

※今まで一緒に卓を囲んだ人で、強い人の中には、社長ではない方もいますが、今回「社長」にフォーカスして、思い出しながら書いています。

〜〜〜

実際の事業で生き残る社長がなぜマージャンが強いのか?

その理由はいくつもありますが、5つほど書きます。

読んだあと、「当たり前じゃん」と言わないでください(^_^;)
この当たり前ができる人が強いんです・・・。


(1)打ち方がスマートである。

マージャンは、テンパイというアガリ直前の形に持ってゆくのに、紆余曲折あります。

事業で生き残る社長は、最短距離でテンパイに持ってゆく可能性が高い。

大きな手のために、無駄な遠回りは控えているように思えます。

大局を見て、大きな手を狙うべきか、小さな手で済ますべきか、瞬間的に考え、選択している。

そして、(そのゲーム単独ではない)総合得点も頭に入れていて、「今、目の前にある配牌をどう組み立てていくか」を決めている。

目の前の現実への場当たり的な対処ではなく、大局から見た根拠のある対処とでも言うべきでしょうか。

最短距離で、最適なかたちへ持ってゆかれます。


(2)非情になるべきシーンを知っている。

卓で、自分がその時点でトップだったとします。オーラス(=一番最後の順番)です。

お金を賭けないこともあり、優しい人は、同じ卓で打っている皆を気遣うシーンがあります。

安い役でアガることができるのに、しない。

もう少し大きな手を目指す。(=皆のために目指してあげる)

事業で生き残る社長は、
勝つために、場の空気を察するよりも、サクッとアガる方を選ぶ
ように思えます。
今までのゲームでの総合得点がいくらトップでも。

「最後なのに、そんな手でアガるの!?」

これを気にしない。

で、これも大切なのですが、非情にサックっとアガって、一位を確定させて、そのゲームを終わる。


(3)迷わず、ロンする。

上の(2)と関連します。

マージャンは、相手から、ロン牌(=自分が最後に必要な牌)が出た時に「ロン!」と言って、アガります。

その時も、色んなことを考える方がおられます。
その人との関係や、ギスギスした雰囲気にしないためなどなど。

で結局、ロンせずに流してしまう人も多い。
(あくまでも、わたしの周りで見る限りでは。)

事業で生き残る社長は、迷わず、ロンする

雰囲気、しがらみ、関係ない。

実際も、関係ないんです。
皆、なんゲームか前のことは忘れちゃいますから。

それに、強い社長は、そのロンの瞬間、ロンされた人に、悔しさを和らげる表情や態度を示します。
それでいて、多くを語らない。「勝者の沈黙は金」であることを知っているかのように。

雰囲気、しがらみ関係なくロンしているのにも関わらず、ロンされた人と遺恨を残さない。

時には、その瞬間に、笑顔で、「いや〜運が良かった〜(^^)」とか、サラッと言われる。

その表情、態度が憎めない。
 

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)



posted by 崎田 和伸 at 14:36
| Comment(0) | 経営について

【よく働きました…】昨日のわたしのできごと少し。

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

t02200191_0550047813382500354.jpg



昨日は、ほんと、いろんなことがありました。

行政書士法人全体としては、ここに書くこと以外にも多々ありますが、わたし自身の担当職務に関して、ちょいと、書きたいなと思います。
※行政書士には守秘義務がありますので、特定されるような事柄は書きません。

〜〜〜

(1)建設業 業種追加申請をご依頼いただきました。

士業からのご紹介でご相談に乗らせていただきました。

「いま、建設業許可の★★工事業の許可を持っている。今度、◆◆工事業を取得したい。

というもの。

まずは無料相談の一環として許可取得の可能性を診断。
「これは要件をクリアできる!」と判断しました。

費用や期間などの提案資料を作って提示。

結果、お任せいただくことになりました

取得されて、安定と発展に寄与できれば嬉しいです。

〜〜〜

(2)創業融資、通った!

資本金100万未満の創業融資案件で、1000万円を超える融資
が通りました。
日本政策金融公庫です。

以前に、公庫の融資担当者に来てもらって、
弊社会議室で融資面接してもらった案件

創業計画書、収支計画書を策定させてもらいました。

資本金額と比べた融資決定額が大きいですね。

なかなかできない経験、させてもらいました。

〜〜〜

(3)高金利時代の公庫融資の借り換え

日頃、ご依頼をいただいている企業さまです。   

日本政策金融公庫の金利が今より高かった頃に、
借りた金利5〜7%台の5000万円の融資について、「こりゃ〜大変でしょ。借り換えしちゃどうですか?」と提案をし、公庫を紹介

〜〜〜


続きはこちらでご覧ください!

(アメブロへジャンプします)

posted by 崎田 和伸 at 14:33
| Comment(0) | 実務録