2011年03月26日

自分の働く会社のことを笑顔で語る人

ブログトップページ > 日々の徒然、発見、出来事

自分の働く会社のことを笑顔で語る人
source2010061178.jpg

ある会社の関連会社さまから手続をお任せいただきました。
誰もがごぞんじの会社名です。

昨日、書類のご説明や提案のため、担当社員と共に訪問させていただきました。

一通りの打ち合わせが終わったあと、ぜひ工場を見学して行って下さいとありがたい言葉。
ご丁寧に、横で逐一、説明もいただきました。

案内いただきながら、その会社様、本体の会社様の製品、歴史のこと、詳しく説明を聞きます。

会社創業期の製品から最新型の機器まで、その仕組みを聞いて、とても勉強になりました。

と同時に、わたし、
笑顔で、嬉しそうに、会社のことを語ること
に驚きを隠せませんでした。

ご案内をいただいている最中、「どうしてこの方は、自分の会社について、こんなに嬉しそうに話すのだろう?」と不思議でなりません。

その方は“皆さんに、会社のファンになってもらいたいのです”とおっしゃいます。

わたしはその会社に直接お金を支払う顧客ではありません。

そのことを承知で、“ファンになってもらいたい”と心底、おっしゃっている。

ファンになったことはもちろんながら、同時に地方の片隅のいち経営者として、ガツンと衝撃を受けました。

自社のことを嬉しそうに、楽しそうに話す。

これって実は、相当なもんです。

人を雇用して事業を行う方であれば感覚でお分かりかもしれません。
働いてくれている人が、会社のことを嬉しそうに、楽しそうに他人に説明することを想像できますか?

また、被雇用者として所属して働く方もお分かりかもしれません。
自分の働く会社のことを、嬉しそうに楽しそうに他人に説明できますか?

迷いなく「もちろん!」と答える人は少ないでしょう。

今回の会社さま、本体の会社さま共に、歴史があり、バックボーンもおありです。

でも、そんなこと以外の“何か”が無いと、ありえないことだと感じました。

その何かを探すきっかけをもらった一日でした。

そして、”こういう会社さまのサポートをしたい!!”と心底、思った一日でした。

頑張ろう!

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 07:16
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2011年03月15日

ものすごく考えさせられる体験記

ブログトップページ > 日々の徒然、発見、出来事

ものすごく考えさせられる体験記

sozaijiten217-2250.jpg

東北関東大震災。

被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
・・・といっても、こんなブログを見る余裕も環境もおありでない状態でしょう。
お亡くなりの方も、本当にたくさんで、言葉がありません。

心から復興と不明者のご無事を祈るばかりです。

今回のような大震災、若い人は特に、「被災地にボランティアに行こう!」と思われるかもしれません。

わたしは行きませんでした(=考えて考えて、結局行けなかった)が、阪神淡路大震災では、近い友人が行きました。
そして、すばらしい話、そうでない話、たくさん、たくさん聞きました。

今日は、読んでいただきたいブログがあります。
阪神淡路大震災で、実際に被災地にボランティアとして行った方のブログ。

被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ〜僕の浅はかな経験談〜
※新しいタブ又はウィンドウが開きます。

読んでいただけましたら、考えることが沸々と出てくるかもしれません。

とても諸刃の剣の話です。

読んでみて、わたくしは・・・

復興のための寄付。

そして・・・

“日本経済が、これ以上沈まないように、西日本の地で、中国地方の企業サポートに力を尽くすこと”
を選ぼうと思います。

わたしにできることを少しずつ、一歩ずつ。

いま、この瞬間、静岡県で震度6強の報道。

被害が少ないことを心から、心から祈ります。

平成23年3月16日午後4時 追記

きのPさんが、ご自身のブログ記事「支える力 まず自分から」で、この記事にリンク貼ってくださいました。
きのPさんのブログ記事も実に考えさせられます。
ぜひ、お立ち寄りください。記事はこちら(新しいタブまたはウィンドウ)

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。



posted by 崎田 和伸 at 22:32
| Comment(2) | 日常の雑感、発見、出来事

2011年03月14日

ウェブ規約の作成。なんとまあ複雑、特殊。

ブログトップページ > 実務録

ウェブ規約の作成。なんとまあ複雑、特殊。

250_200-JQ181_72A.jpg

ただいま、午前7時。今日は4時30分に起きることができました。
最近、朝活、安定しています。

さて、ただいま、担当社員が作ってくれたウェブ規約の確認作業中です。

弊所が契約書類を作成を行う顧問契約を結ぶ企業様は、ITを駆使する業種が多いです。

ITを駆使する企業様では、企業間契約はもちろん、ウェブ規約の作成も多い。

今回の規約も、インターネット上のサービスについての規約です。
(“ウェブ規約”なので当然か・・・)

なんとまあ、複雑。

なんとまあ、特殊。

使う言葉が、昔からある一般的な業種で使うものと、まるで違います。

法律用語とIT用語の両立は、結構大変。

法律はまだまだ、IT化された社会に馴染んではいません。

IT化された社会に馴染んでいない、一例があります。
(厳密には“用語”という説明にはなっていないと思いますがご容赦を・・・)

例えばシステム開発の契約。

クライアントからシステム開発を受注したときは、
請負(民法632条)?
準委任(民法643条(準委任について定めた656条))?
というものです。

請負は、
=====
請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。
=====

準委任は、
=====
委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。
=====

小難しい表現ばかりなので、何が言いたいのかというと・・・

請負は、原則、“完成”を約束した契約。
準委任は、原則、“遂行”を約束した契約。

あくまでも原則論ですが、請負は完成して初めて報酬を請求することができる。
一方、準委任は、必ずしも完成をしなければ請求できないものではない。

同じように見えて、違うものなのです。

実務上は、システム開発の仕事の中身によって、両方の要素を組み込んで、全体の調整を図る方法を採ることが多い。
ただ、同じシステム開発でも、請負色の強いもの、準委任色の強いものがあり、一概に論ずることはできません。

システム開発系の契約に関して、専門の実務書を見ると、請負が中心になっているものもあり、準委任が中心になっているものもあり。

たぶん、法律専門職、隣接法律専門職の中での実務運用も、見解が分かれるものかなと思います。

民法上、請負と準委任との間を埋めるような条文ができれば解決するのでしょうが、それはそれで難しいのでしょうね。

さて、本題に戻ると・・・

この手の(=IT系)の規約文書、今までいくつ作らせてもらったでしょうか。

正直、数え切れません。
おそらく・・・300〜400くらいでしょうか。

今は、担当者がいてくれます。つい3年くらい前までは、わたしが担当でした。

ウェブ規約を作らせてもらっているとき(今回は確認作業ですが)、いつも思うのは、
“どのビジネスモデルも、同じものは一つとしてなく、規約もすべてが違う”ことです。

市販のひな形を使えばいいじゃん、という言葉が聞こえてきそうですが、とんでもない。
そんなこと、絶対できません。
そんな甘い世界ではない。

わたしは、行政書士事務所の経営者ですから、経営の目線から見ると、「ルーチン化しにくい分野」と言うことができます。

以前、何回か、契約実務という業務自体のビジネスモデルについて講師を依頼いただいたことがあります。行政書士会からです。
僭越ながら、行政書士という業界は新しい分野に進出しないといけない、幅を持たないといけないと感じてますので、この手の講師依頼は、積極的にお引きしています。

数回の講義の際、もうしあげたのは、「契約実務は甘くみてはいけない」ということ。

お仕事ですから、当然、甘くみると怪我をします。多大な迷惑もかけることになります。

それは当然として、契約実務は、法律上の責任と、生産性の確保という面で、甘く見てはいけない分野なのです。

つまり、専門家責任という法律上のリスクは当然あるが、同時に「顧客に提供できる品質を保ちながら、生産性を保つのは難しく、事務所に一定の蓄積が必要である」ということを申し上げました。

蓄積とは、その事務所が過去にどれくらいの実務を行ってきたかの実例の数、そして実務を行う者がある種の勘を養うこと、と言えようかと思います。

契約実務をサービスメニューに組み込むのなら、「まあ依頼されればめっけもの(=運よく依頼があればいいな程度)」というモデルではなくて、「年間、一定数の実務を行うことができる確固としたモデル」を考えないと、結果、怪我をします。

契約実務を行うと、ご依頼いただいた企業様が属する分野のことを必然的に知ることになります。
それはそれで大変なのですが、とても勉強にもなる業務かと思います。

契約実務は、弊所では、平素、常に進行中の分野です。
この記事を書いていて、改めて、気をひきしめないといけないなと思った次第です。

ものを書くことは、頭の整理にもつながりますね。

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 06:56
| Comment(0) | 実務録

2011年03月10日

建設業決算変更届?!

ブログトップページ > 実務録

建設業決算変更届?!
sn2010061987.jpg

当事務所で比較的多いお仕事が、建設業決算変更届、という手続です。

たぶん毎月になるでしょう、ご依頼いただき、届出をおこなっています。

継続的にお任せいただいている会社・事業主の方も多いです。

一般的には、ほとんど知られていないものです。今日は、ちょっとマイナーな話題です。

建設業決算変更届とは、建設業許可を持つ事業者さんが、毎年1回、都道府県(広島県や山口県など)や国(国土交通省)に、届け出る制度です。
この決算変更届けは、決算届け、変更届けとか略して呼ばれるときがあります。

何を届け出るのか?

建設業財務諸表
・・・決算内容を建設業専用の財務諸表という書類に書き換えたもの。

工事経歴書
・・・決算年度に行った工事の一覧。ただ一覧を書けばよいというわけではなくて、業種追加を目指した準備活動にもあたる大事なものです。

直前3年の工事施工金額
・・・3年間の工事施工金額を書きます。

あとは、営業報告書、令3条の使用人に関する書面、納税証明書とか、いろいろと提出しないといけない書類が出てきます。

このような書類一式を、届け出るわけです。

届け出ない場合には、罰則が用意されています。建設業法という法律(これもまたマイナーですね)に基づくもので、

なんと・・・

6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金。

結構、重いんですね。

建設業許可という制度は、県や国が許可を与える代わりに情報開示をしなさい、という考えが根本にあります。
許可業者のことは、県に行けば、その決算内容などが公表されているんですね。

公表されているからこそ、自分の家を建ててもらう・空調工事をやってもらう、というときに、許可業者に頼むのです。
(正式には、工事請負金額によって、許可が必要かどうかが分かれます)

色々書きましたが、情報開示が信頼性の担保になっており、許可制度の根本をなしている。

だから、情報開示をしない事業者さんには、つらく当たるわけです。

建設業決算変更届を軽くみて、怠っていると、法律上のリスクは当然なのですが、わたしは、事業上のリスクが大きいと思ってます。

すなわち、日々の工事で事故など、あったとすると、その多くで会社側が責任を問われます。

事故などの話題がひと段落しないうちに、その多くが、きちんと法律上の義務を果たしているのか、ということになりますね。

建設業者であるとをとわず、法律以外のことで不祥事を起こした会社さんが、いつの間にか「法律上義務になっているあれやってない、これやってない」と叩かれること、新聞やテレビで見たことありませんか?
結局、「そうなのか〜、そんな会社だったのか〜」という風になってしまう。

建設業の皆さんが、決算変更届のことを考える中では、法律上のことよりも、事業上のリスクを考えたほうが、経営者としては正解かと思います。

そんなこんなで、今日は、建設業の決算変更届けについて、書かせていただきました。

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 06:50
| Comment(0) | 実務録

2011年03月09日

朝っぱらから読書勉強会へ

ブログトップページ > 日々の徒然、発見、出来事

朝っぱらから読書勉強会へ

ersfsfgsr.JPG

昨日は、朝7時から、読書勉強会へ行ってまいりました。

有限会社楽まうくさんが開催しておられます。
(リンクは新しいタブまたはウィンドウ)

毎月開催されていますが、ここ1年あまり、2ヶ月に1度くらいの頻度で参加しています。

上の写真は、会場に向かう途中、白島にあるアルソックホールの向かい側で撮影したもの。

寒かった・・・。

ついでに下は、途中で寄った公園で食べた朝飯パン。
いつもコンビニで買って、この公園で何かしら朝ごはん、食べます。

dsagtaeta.JPG

朝っぱらから、何をやっているのか。
会場へ向かう途中では、いつも、必ず、確実に(^_^;)、思います。

寒いとき、暑いとき、特に。

でも、行って、勉強して帰って来ると、それはもう爽快。

朝活の不思議なところです。

朝、活動している人は、同じ想いを感じているのではないでしょうか。
山登りやマラソンと似た感覚か??

さて昨日は、勉強会が終わってからすぐ、参加者のお一人と打ち合わせを行いました。
連携させてもらっている会社の社員さんですので。

公園で、ゲートボールしている方を尻目に、缶コーヒー飲みながら打ち合わせ。
とても不思議な感覚に捉われます。
そんなこと関係なく・・・有意義な話し合いができました。

最後に、わたしが今回、読んで、発表したのは、
「日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方」
著者:山本 敏行さん

とても変わったビジネス本です。お勧め度はかなり高いです。

アマゾンへのリンクほか、有限会社楽まうく 渋谷さんのブログで、紹介されていますので、よろしければクリックしてください。
渋谷さんのブログはこちら(新しいタブ又はブラウザ)

来月は、4月12日(火)7時から8時30分だそうです。

また参加できればいいなと思います。

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。思うがまま、書いてくれています。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 06:55
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2011年03月07日

中国新聞“電子版”を試す!

ブログトップページ > 日々の徒然、発見、出来事

中国新聞“電子版”を試す!

sata352q3radfa.JPG

3月1日から、中国新聞の電子版が始まっています。
中国新聞とは、広島県全域、山口や岡山の一部などがエリアの日刊新聞です。(リンクは新しいタブが開きます)

パソコン、iPad、iPhoneの3つで、利用が可能。

3月一杯は、お試し期間ということらしく、料金はかかりません。

早速、登録、設定などおこなってみました。

一番上の画像は、iPadでの表示画面(数日前の紙面)です。

ついでにパソコンでの表示(今日の紙面)です。

chugoku2.JPG

↑↑ ちなみに、ファイヤーフォックスでは使えません。インターネットエクスプローラーになります。

この電子紙面。共同通信社の電子紙面サービスを利用する形のようです。

さて、使ってみて・・・

わたしはパソコンよりiPadのほうが使いやすいと思いました。

ただ、iPadでは、かなりの通信速度を必要とします。WIFIで、なんとかかんとか待てば大丈夫といった感じ。
携帯回線(3G)ではつらいかもしれません。
また原因は不明ですが、日によっては、iPadの場合、ログインが無効になるみたいで、再ログインのために、イライラします。

今月一杯、パソコン、iPad両方で使ってみて、続けて購読するかどうか、決めたいと思っています。
一応、iPhoneでも試してみます。画面が小さいのでたぶん、日常利用は難しいとは想像していますが。。。

4月からの料金は、確か月3,150円です。

参考)
中国新聞の電子朝刊版 お試し申し込みのページはこちら(新しいタブ又はウィンドウ)

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 06:58
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2011年03月06日

ちょいとばかり昔話を・・・

ブログトップページ > 経営について
ちょいとばかり昔話を・・・

satuei0820094.jpg

平成22年12月、当事務所は、丸10年を迎えました。

よくも10年も、事業を継続することができたものです。
ご依頼人様、関係者のみなさま、そして、スタッフのおかげです。

10年間、長いようで短いようで、でもやっぱり長かった(^_^;)

柄(がら)でもないですが、ちょいとばかり昔話をさせてもらいたいと思います。

このブログは、創業する方や、創業間際の方、そして行政書士登録希望者の方も見てくださっているようで、少しだけでも参考になればと思いまして。

さて、わたしが創業(=行政書士ですので行政書士登録ですね)したのは、平成12年12月。

唐突ですが、わたし、創業前(平成12年より前。たぶん平成10年ごろ)から平成15年ごろまで、無保険でした。

生命保険や損害保険ではありません。
国民健康保険です。
(ちなみに今は、国民健康保険、生命保険、損害保険、入っています(^.^))

今回の昔話は、この健康保険のことが、一番、象徴的で理解いただけると思います。

これ、別に、苦労したんだぞと申し上げたいのではないです。


当時、全く苦ではなかったですし、保険がないのが当然とも思ってました。
今でも、あまり意識はありません。苦労というほどのものではなかったのかもしれません。

当時、わたしは、行政書士業という事業を継続させる、安定させることが第一で、自分の体まで考えが及ばなかった。
事務所の家賃、スタッフの給料、電気代、ガス代といった経費を支払うのが第一でした。

生きてゆくのに最低限必要の保険は、健康保険ではないでしょうか。

健康保険が無い。これって、今考えると、とても恐い。

これって、もしかすると、経験しないと分からないことかもしれません。

また、国民皆健康保険という恵まれた国で、とんでもない輩だったのかなとも思います。

痛くても苦しくても、病院に行けない。(理論上は行けますが、現実的には行けない。)
どんなに熱があっても、病院へ行けない。
現実、何度かありましたが、運よく、生きさせてもらっています。

どんなものでも、経営する、事業をするということは、“ハッタリを張る”ことだと思うんです。
誰でも、流行っているラーメン屋に行きたいものです。
閑古鳥が鳴いているラーメン屋には入りたくない。

流行っているラーメン屋は、さらに行列ができ、閑古鳥が鳴くラーメン屋は誰一人入らずにいつの間にか消えてゆく。
とっても厳しい現実です。

経営、事業をした方であれば、肌で分かっておられるかもしれませんが、経営者が生き残るための原理原則のような気がしてなりません。

わたしは、儲かっている!勢いがある!
そういうハッタリを精一杯、張っていました。
言い換えると、“命がけの虚勢”ですね。(少しオーバーかな)

自分自身の体が健康でなければ、経営も事業も成り立たないことは、頭では分かっていたのです。
倒れたら終わり。
死んだら終わり。

でも、ハッタリを優先していました。
ハッタらないと、命は無いと本気で思ってました。

行政書士事務所を立ち上げて、丸10年。
わたしは運よく、生き残っただけかもしれません。
運で、行政書士試験に合格し、運で10年間生き残る。
何にせよ、運が良かったということですね。

難しいですね、この手の話。
わたし以上の苦労は、たくさんの人がしていることでしょうし、わたしなんか何でもないレベルでしょう。
さすがに、1Kの自宅の電気、水道が止まるところまではゆきませんでした。

ここで申し上げたいのは、経営すること、事業をすることって、結構、シビアで、これでもか!というくらい、現実的。
経営者になるためには、このシビアさ、現実感を、いかに素通りするくらい(何にも感じないくらい)に鈍感になれるか、ということではないかと。

別に無保険が必須なわけではなくて、“鈍感さ”かと思います。
“覚悟”と書こうかと思いましたが、覚悟でもない気がします。
やはり、鈍感さです。

リスクとリターン。
経営、事業に横たわる、必然な考え方ですね。
経営者のリスクは、自分自身の命の投資ではないかとも思います。

「シビアさ、現実感を、いかに素通りするくらい(何にも感じないくらい)に鈍感になれるか」という命題をクリアできる人だけが、事業を維持できるのではないでしょうか。

もっとスマートな生き方ができればよかったなとは思います。
でも、どんなにスマートでも、大なり小なり“命の投資”は、やってきます。

自分自身が世渡りが上手と思っていても、何度も何度も、壁が立ちはだかる。
世渡り上手とは、全く別の次元で起こることです。
その壁を越えるときに、楽な道や隣の芝生に目がゆくと、壁はさらに高くなってゆき、結局、越えることができない。

楽な道や隣の芝生が見えないくらいに、愚直で鈍感な人のほうが、経営者としては成功を収めるような気がします。
成功・・・わたしには、まだまだ遠〜〜いところにある言葉です。

自分は世渡り上手なはずだったのですけどね(^.^)
何度も打ち砕かれました。

今回のブログの締め方が分からなくなってきましたので、成功について、いくつか名言を掲示させてもらいたいと思います。

成功には何のトリックもない
私は私に与えられた仕事に
全力を尽くしてきただけだ
・・・アンドリュー・カーネギー

成功とは成功するまで続けることである
・・・松下幸之助

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 18:59
| Comment(2) | 経営について

2011年03月02日

汗ダクダク。

ブログトップページ > 日々の徒然、発見、出来事

汗ダクダク。

eigyou021.jpg
参りました(-_-;)

自分が、人前で、あんなに話せないとは思いませんでした。

昨日、ある企業のスタッフさま向けの勉強会で、講師をつとめさせていただきました。
厳密には講師ではなく、プレゼンテーションに近かったです。

ご出席は、約60人。

第一線の営業マンの方々なので、目が鋭い。

完全に呑まれてしまいました(>_<)

ご出席の方々がわたしを呑んでやろうとお考えになるわけはなく、結局は、墓穴を掘った形です。

当事務所は、昨年まで、内を固めよう!ということで、代表者であるわたしは、あまり外へ出ませんでした。

でも今年は、外への働きかけを強化しよう!と考え、行動しております。

その一環で、すばらしい縁もいただいて、話させていただくことになったわけですが・・・。

今年は、大勢の人前で、物怖じせず、しゃべることのできるようになろう!と固く決めた瞬間でした。

人生、いつ何時も勉強です。

執筆:代表行政書士 崎田 和伸

スタッフブログもぜひお立ち寄りください。

staffblog.gif

当行政書士事務所の窓口サイト(e-jimusho.com)

234_ani01.gif

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業であり、『企業・個人事業主の支援に特化』してお手伝いしております。
主な対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県。
創業個人様から売上高数百億円の企業様まで、幅広くサポート可能な組織力を特長としています。

運営ウェブサイト (すべて新しいタブ又はブラウザが開きます)
・当行政書士事務所の代表サイト
いい事務所ドットコム」(e-jimusho.com)
・株式会社・合同会社・一般社団法人等の会社・法人設立代行
いい起業ドットビズ
」(e-kigyou.biz)
・建設業や産廃、宅建、古物、貨物などの許可、認可、届出の代理代行
許可/認可/届出 申請代理代行.biz」(kyoka.biz)
・経理会計記帳代行

経理会計サポートセンター(h-kaikei.biz)
企業間契約、ウェブ規約類の策定・書面整備サポート
法務ドットビズ」(homu.biz)
許認可事務の一括委任
ファースト行政ドットコム
これらのウェブサイトに記載された業務のほか、経営全般のコンサルテーション、経営革新計画、経済産業省・総務省系の補助金制度申請、
経営者の遺言相続手続知的資産経営報告書作成など、幅広い分野の支援を承っております。

以上のほかにも、業種別に専門サイトを運営中です。

◆わたくしのSNS(フェイスブック、ツイッター)

Facebook(sakida kazunobu)
(新しいタブ)
twitter(ksakida)
(新タブ)
趣味
麻雀大会「広風杯マージャン大会
(新しいタブ)
発売中の書籍
iphone対応電子書籍「行政書士経営マニュアル
(新しいタブ)
※無料立ち読み版もご用意しています。


posted by 崎田 和伸 at 17:55
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事