2010年02月25日

人生は育てること?

【 日常の雑感、発見、出来事 】
人生は育てること?
sakida-illust4.gif

子供が産まれ育てる中で、今まで考えてきたことが鮮明になることがあります。
人生は「育てること」なんじゃないかと。

今までなんとなく思ってはいたことです。
まあ、まだ若年層(?)だと自分では思っていますので、偉そうなことは言えません。

育てること。

家庭も経営も同じです。

家庭では、子供を育て、野菜を育てています。

経営では、スタッフを見守り、育て、事業を育てています。

ちょっとセンチメンタルな感じになってしまいますが、同じように育ってゆくべき自分が、取り残されるように思える瞬間があります。
相変わらず、毎日の生活に埋没している感があります。
家庭では子供と野菜を育て、経営では、スタッフを見守り、仕組みを作ってます。
何か自分自身のために、やるべきことはあるはずです。分かっているつもりです。

経営で、スタッフは、日々、成長してくれています。

厳しい面がたくさんあって、仕事ですので、嫌なこともあります。
でも、負けずに頑張ってくれています。
経営者として、嬉しいことです。
たぶん、スタッフ自身は分からないのかもしれないけども、私からは、成長した証拠は、随所に見られます。

大きな会社や事業所では、社長はどんな想いなんでしょうか。
一時的な労働力として人を見る事業所でない限り、人の成長への想いというか、考えはあるはずです。

家庭では、人の親である祖父や祖母、父、母は、どんな想いだったのでしょうか。

そんなことをふと思っている今日この頃です。

執筆:崎田 和伸

・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 08:25
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月22日

幕末の志士が会する写真

【 日常の雑感、発見、出来事 】
幕末の志士が会する写真
この写真をご存知でしょうか?

fssse.jpg

歴史大好き人間の私にとって、とても興味深い写真です。

幕末、明治維新の志士が一同に会する写真と言われています。
真偽について、諸説あります。

で、この写真、写っているとされている人は、メジャーな名前ばかり。

一部分、有名どころを書きますと・・・・
坂本龍馬
勝海舟
伊藤博文
西郷隆盛
大熊重信
高杉晋作
桂小五郎
大久保利通
後藤象二郎
江藤新平
井上肇
西郷従道
寺島宗則
陸奥宗光
中岡慎太郎
岩倉具綱
大村益次郎
岩倉具慶
副島種臣
などなど。

フルベッキーという宣教師が中心で、長崎で撮影されたものだそうです。
wikipediaフルベッキー(新しいタブ)

この写真、矛盾は多いです。
学者さんの論文で完全否定されているそうです。

幕末から明治初期の写真だそうですが、
撮影されたのが大政奉還後だったら、生きているはずのない「坂本龍馬」「高杉晋作」がいます。

薩長同盟前後であれば、薩長の人たちと、勝海舟が写るはずはありません。

撮影されたのは長崎で間違いないようです。

この写真について、ネット上では、いろいろな見解が出てますし、本も出版されているようです。
参考)本:幕末維新の暗号 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか

真偽の程は、歴史家の判断に任せますが、ロマンを感じる一枚です。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 08:50
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月21日

契約実務の講師、終わりました。

【 実務録 】
契約実務の講師、終わりました。 

先週土曜日(2月13日)と今週土曜日(2月20日)は、契約に関わることで、続けて講師がありました。
年に1度有るか無いか、の講師が、2週間続けて。。。
1週目は、コンサルティング会社さん主催、2週目は、広島県行政書士会北支部主催です。

なんとか無事終わり、一安心です。

今週土曜日(2月20日)の講義内容は、「契約実務とそのビジネスモデルについて」。

20人から30人くらい、同業である行政書士の前で、お話させていただきました。
みっちり3時間。

契約実務は、行政書士の中で、取り扱っているところが、非常に少ない分野です。
主に、企業に関わる契約実務です。
ここで言う「取り扱っている」とは、「定期的に」「事業として」です。

契約実務は、とてもリスキーな業務です。
中途半端に手を出すと、火傷をします。

実務品質と保ちながら、クライアントのリスクヘッジを行い、実務遂行体制も維持するのは、仕組みが必要です。それに、神経をすり減らす業務でもあります。
今も、実務担当と一緒に、考え、改善を繰り返しているところです。

この「仕組み」が無いと、ご依頼人様、専門職、どちらにも不幸な結果が待っています。

「契約書、作成します!3万円です!」という事務所が、全国に存在しますが、私には、恐ろしくて、そんなこと言えません。

当事務所の報酬は、低くはありません。弁護士事務所のほうが、安価な場合もあります。報酬の分類も独特です。
参考)都度ご依頼の契約の報酬 こちら(新しいタブ)

今週土曜日(2月20日)は、「品質を確保しながら、ご依頼人様のリスクをヘッジし、ビジネスとして契約実務を行ってゆくこと」をお話したつもりです。

下手な話の進め方であったにも関わらず、大きくうなづいてくれながら、真剣に聞いてくださって、また、質疑応答には、真剣に質問してくださって、よかったです。

同業相手に、ノウハウを開示するのは良くない?という声が、(特に所内から)聞こえそうですが、

いえ、この契約実務に関しては、ぜひ、業界としても、積極的に進めていただきたいと思ってます。

以下、毎度の脱線です。

下の写真は、お話することをまとめた「マインドマップ」です。
今回、初の試みでしたが、レジュメとは別に、自分用に作って、持ってゆきました。
参考)マインドマップとは? wikipediaから (新しいタブ)

横向きですが・・
写真dddddddds.jpg
中央のテーマ部分を拡大。
写真saawww.jpg

講師としてのマインドマップを、初めて作りましたが、字が小さすぎて、ちょっと改善の要あり、といったところです。でも、頭の中が、一枚の図になるっていうのは、やりやすかったとは思います。

普段、わたしは、いろいろなカテゴリで、マインドマップを作っています。
「経営」「人事」「実務」「企画」「ビジネスモデル」「連携」などです。
改善点やアイデアを、すぐに追加してゆくものです。

この2週間は、つらかった〜。明日からは、通常通り、平穏な気持ちで過ごせそうです。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 15:35
| Comment(0) | 実務録

2010年02月17日

生活の変化もろもろ

【 日常の雑感、発見、出来事 】
生活の変化もろもろ
250_200-JQ177_72A.jpg

昨年10月下旬に、第一子が産まれました。
子供がいない昔と、いる現在では、生活がかなり違います。

朝、早く起きて、仕事をするようになりました。
集中力、結構、違います。
メールチェック、返信、もろもろの作業は、朝、行います。
読書も朝です。

それと、違う点は、18時過ぎには、自宅へ帰ります。
風呂へ入れなければなりません。
時折、大泣きされながら(ーー;)

仕事をする時間、子供と一緒にいる時間、遊ぶ時間という、「一日のメリハリ」がつくようになりました。
でも、事務所代表者として、まだ、仕事に充てる時間が、週80時間くらいはあるので、それをどう減らすかが、今後の課題です。

朝、読んでいる本について、少し。
(いつもの脱線です)

ちょうど今、読んでいる本は、「弁護士のためのマネジメントマニュアル」です。

弁護士のための本を行政書士が読むのは変?

いえ、とても、とても、勉強になるんです。

昔は、読む必要のなかった種類の本ですが、スタッフが複数人いると、代表者は、マネジメントの勉強をしないといけないステージに入ります。
代表者がこの手の勉強をしないと、小さな組織でも、崩壊します。
5年前の私がそうでした。

私は、実務家と自分では思っていません。経営者であり、マネジメント業だと思っています。
もちろん、実務上の勉強も、欠かしてはいません。
実務についても、もちろん、やるべき状況になれば、死ぬ気でやります。
嫌が応でもそうなりますし、経営者として当然です。

ちなみに、この本ですが、スタッフを雇用するステージに入ってから読みべき本かな、と思います。
スタッフのいない状態で読むと、「雇いたくなります」。
それだけ魅力的な本ですので、土壌がないと、無理な人員計画に走りそうになります。
(もちろん、当事務所の土壌も万全ではありませんので、一歩下がった視線で読んでます)

本は、勉強になります。

今日は、
今週土曜日に迫った研修講師「契約実務とそのビジネスモデルについて」のレジュメ提出や、新規採用者の面接、ご依頼人様の相談対応、業務提携候補先との協議や、所内の実務MTGなど。

いつものとおり、脱線して終わってしまいましたが、今日も頑張ります。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所



posted by 崎田 和伸 at 09:50
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月14日

創業支援セミナーの講師を終えました

【 実務録 】
講師を終えました
人一倍苦手な講師をやってまいりました。

コンサルタント会社さんが主催の「創業支援セミナー」の中で、主に『契約』についてです。

終えて、ぐったり疲れました。

20日(土)には、広島県行政書士会 北支部で、「契約実務とそのビジネスモデルについて」という題目で、講師をしなければなりません。
専門職相手に、なんと、3時間!!
気が遠くなります・・・・。

で、なんとなく、自分の手を撮影しました。せりふもつけてみました。

sssaaa写真.jpg

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 21:49
| Comment(2) | 実務録

2010年02月12日

休憩中、眺めている本です

【 日常の雑感、発見、出来事 】
休憩中、眺めている本です
釣りが大好きです。

でも、行けていません。まだ仕掛けは自作することはできると思ってます。

事務所で昼休憩中、時々、眺めている本があります。
古い本です。平成8年発刊の本で、5年くらい前に買ったのかな?

写真3333sss.jpg

たくさんの種類の魚について、特徴や釣りかたが、書いてあります。

中身は、こんな感じです。
一例として、瀬戸内海で一番身近な「アイナメ」のページ。

写真seeeeee.jpg

そういえば、昔、40センチ近いアイナメを釣ったことがあります。
正確には42センチだったでしょうか。

あのヒキは、今でも鮮明に憶えています。

仕事、育児含め、落ち着いたら、釣りに行ってきます。
いや、落ち着くために、釣りに行くのかな?

どちらにしても、釣りに行く気は満々です。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 17:52
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月10日

8年目の万年筆

【 日常の雑感、発見、出来事 】
8年目の万年筆
使い続けて8年になる万年筆があります。

少しセンチメンタルかもしれませんが、事務所設立して、良いときも悪いときも、毎日、胸ポケットに入っていて、見てくれている物です。

お守りみたいなものでしょうか。

何度か、忘れて出社してしまったときがありましたが、なぜか落ち着かないのです。
不思議です。

さすが万年筆という名前だけあって、途中、修理をしながら、今まで使ってきました。

写真はこちら
横の写真になってしまいましたがご容赦を。

deeeas写真.jpg

いつまで使い続けてゆくことができるでしょうか。
3年後?10年後?棺おけまで??

さて、今日も頑張りますか。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 09:18
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月08日

セミナーの日が迫ってきました。

【 実務録 】
セミナーの日が迫ってきました 
sozaijiten217-2295.jpg

創業に必要な知識・手法を学ぶ「創業支援セミナー」 セミナーページはこちら
主催:株式会社エム・アイ・シー・コンサルティング
日時:平成22年2月13日(土) 9:30〜16:10
開催会場:ブルーウェーブイン広島

の開催の日が迫って参りました。

客観的に見て、創業のための税金、事業計画、資金調達、法律面の話を「1日で」習得できる良い機会かと思います。ぜひ、ご参加をご検討下さい。まだ参加申込は大丈夫だそうです。
お申込はこちら (主催者ウェブページが開きます)

実は、私の部分、レジュメがまだ出来上がっておりません(ーー;)

明日の正午までに、主催者の方にお送りするお約束です。

本日は、相談者様、ご依頼人様のご来所が何件か入っており、所内実務MTGも入っています。
提案書も何通か、書かねばなりません。

レジュメのために、どう有効に時間を使い、時間を確保するか。。。
ブログ書いている間に、すればええじゃないか、といわれそうですが、そこは触れないで下さい。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 11:27
| Comment(0) | 実務録

2010年02月06日

FAXシステムの停止時間がありましたことのお知らせ

【 お知らせ 】
FAXシステムの停止時間がありましたことのお知らせ
i007.gif

当事務所では、ペーパーレス推進のため、ファックスは紙で打ち出さず、ファックスソフトを利用して、受信しております。

【2月6日(土)午後6時から、同日午後10時10分】まで、
ネットワーク、システムの変更作業、パソコンの入れ替え作業のため、
ファックスが受信できない状態となりました。
(ファックスのサーバーとなっているパソコンの不具合が原因です)

現在10時20分ですが、復旧し、FAX受信が可能な状態となりました。

その間(約4時間)、もしも、FAXしていただいたご依頼人様がいらっしゃいましたら、
ご迷惑をおかけしたことになり、大変お手数をかけ、また心苦しく存じます。

FAX頂いてエラーとなっておりました場合、誠に恐れ入りますが、再度ご送信いただけますようお願い申し上げます。
ベル音は鳴りませんので、いつご送信いただいても構いません。

このたびのネットワーク、システムなどの改善措置で、第二MTGスペースへのご説明用パソコンの設置など、ご依頼人様に対しての
複数の実務サービス向上策を採り入れました。

このたびは、事前に想定ができず、ご迷惑をおかけしました。

今後とも、業務改善を重ねて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 22:25
| Comment(0) | お知らせ

今日は作業日です

【 日常の雑感、発見、出来事 】
今日は作業日です

satuei0820094.jpg

今日は先週土曜日に引き続き、10時30分から、事務所内のシステム周りの工事です。

システム会社さんには、一生懸命していただいています。

ペーパーレスのFAXシステムや、独自の業務管理システム、電子証明システムとか使っていますので、煩雑かけるのではないかと思っています。

おそらく、中国地域の侍業(士業全般)で、初めてと思われる仕組みや機器も導入します。
どうなるか、見当がつきません。

実務で、所員みんなが使いやすい、効率の高い環境になるように願ってます。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 08:50
| Comment(0) | 実務録

2010年02月04日

パソコンの行く末は?パート2

【 日常の雑感、発見、出来事 】
パソコンの行く末は?パート2
250_200-JQ199_72A.jpg

昨日、パソコンの行く末は?というタイトルで書かせてもらいました。
しつこい!と言われるかもしれませんが、パート2です。
(いくつか、反響をいただいて、調子に乗って、パート2)

当事務所では、いろいろなお仕事の中で、IT関連のお仕事(契約実務や技術系補助制度、許認可、IT会社設立、会計処理)をさせてもらっています。
おそらく、IT業界への関与率で、行政書士事務所の中では、多いほうではないかなと思います。

わたし自身、何社か、IT企業の監査役も務めさせてもらっています。

あまり持ち歩かないのですが、iphoneを持って、スマートフォンの可能性を実感しています。

いろいろな要因があって、ITに接する機会をいただいています。

普段、テレビCMを見ていると、携帯電話の新機種が出ました!と大々的にやっているのを、「時代の一場面」なのかなと思っている今日この頃です。

sozaijiten20060863.jpg

さて、本題です。

昨日は、PCは腕時計と一緒になる、など書かせてもらいましたが、その途中過程はどうなるのかな?という内容です。

私は、これから10年間の間に、次のような過程を辿るのでは?と感じています。

スマートフォンの隆盛
(これはずっと続くと思います)

クラウドコンピューティングを主要業務とする企業の勃興。
スマートフォン、タブレットに準拠するアプリメーカーの勃興。

ipadのようなタブレット機器の隆盛(5年は続くのかな?)
著作権法改正と、伴って、紙としての本の市場縮小。

データの外部保存のインフラが整う。
(PC、スマートフォン、タブレット等が、本体にデータを保存するのではなく、インターネットで繋がった外部のストレージに保存する。おそらく、ソフトのインストール自体も、外部のストレージに行うんでは?)

タブレット機器(ipadやkindleが有名です)の市場縮小。

パソコン市場の縮小。
(パソコン市場からの、日本のパソコン主要メーカーの撤退)

スマートフォン全盛期到来。
そして、スマートフォン、タブレット機器で、力をつけた企業が次の手を打つ。。。

以上、途中、ハショリましたが、こんな風に進んでゆくのでは?と感じます。

あと、こんなことも思います。

クラウド時代の到来で、データ集積地としてのセキュリティとブランドを構築した国が、国際的に発言権を持つのか。(現在の借款、外貨保有、国債保有での発言権と同じ感覚です)

Googleは、なんといっても、パソコンのブラウザ上のビジネスモデルが主なので、これからどうなるのか?
Microsoftは、パソコンというもので地位を築いたが、スマートフォンのOSで市場確保できるか?
Appleは、
iphoneで市場を築きつつあるが、続いてスマートフォンのOSで市場確保できるか?

日本の携帯電話メーカーは、いつの段階で携帯電話機器の開発から撤退するのか?

どのアプリメーカーが、成功し、巨大化してゆくのか?

・・・考えると、キリがありませんね。

日本は、どう対応してゆくのか、それよりも、現実的に、自分自身が、どう対処してゆくのか。
できるだけ、時代の流れというか、歴史の一場面であることを認識しながら、対処してゆければと思っています。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 12:00
| Comment(2) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月03日

パソコンの行く末は??

【 日常の雑感、発見、出来事 】
日常の雑感、発見、出来事 > パソコンの行く末は??
sozaijiten20060846.jpg

今日は、素人ながら、パソコンの将来像について、思うことがあり、書かせていただきます。

昨今、スマートフォンの話題で、IT、モバイル業界が盛り上がっています。
スマートフォンと関連して、アップル社のipadの発売は記憶に新しいところです。

iphoneを中心としたスマートフォンは、実質的にパソコンの機能を持っています。
スペックが選べるようになるのは時間の問題でしょう。

モバイルデータ通信インフラが更に整備されれば、データはクラウドで保存すればよいことになります。

ふと思います。
「いまパソコンと呼ばれている、デスクトップ型、ノート型パソコンは、将来、無くなるのでは?」と。

スマートフォンがパソコンと同等の性能を持ったとき、「ディスプレイ」「キーボード」が問題になります。

キーボードについては、
iphoneでの「タップ&スライド」(=キーボードの画像を触りながらスッとずらす)がヒントになりますし、7〜8年前に実は販売開始になっている「バーチャルキーボード」という製品もヒントかなと思います。バーチャルキーボード こちら

ディスプレイについては、
眼鏡形式のバーチャルディスプレイになるのではないでしょうか。
(普通の眼鏡と同じ感覚でつけることのできる製品が出てくることを待つことになりますが)

もしかすると、バーチャルディスプレイ上にキーボード画像が浮き出て、入力作業を行うことになるかもしれませんね。

要は、本体・ディスプレイ・キーボード、という一連のハードウェアとしてのパソコンは、必要ない時代がすぐそこまで来ている気がしてなりません。

もっと進むと、腕時計とスマートフォンが一緒になったりして、街中で、普通のサラリーマンが、空中に向かって指を動かす、という風景が普通になるのか?

眼鏡屋さんが、ブランドバーチャルディスプレイとか、商品を出すのでは?とか。。。

そういえば、
androidOSのGoogleスマートフォンが出るとか出たとか。

時代はどんどん進んでいますね。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 15:02
| Comment(0) | 日常の雑感、発見、出来事

2010年02月02日

事務所近くの喫茶店では

【 日常の雑感、発見、出来事 】
日常の雑感、発見、出来事 > 事務所近くの喫茶店では

事務所のすぐ近くに、「苔」という喫茶店があります。
古〜いお店で、メニューは無し。
選べるのは、ホットコーヒーか、アイスコーヒーか。
軽食は無し。

スターバックスのような、きめ細かいサービスや経営戦略とは、
全く違う次元のお店です。

皆さん、お店に入ると、一様に驚きます。

でも、なぜか私は好きで、1ヶ月に3回から4回でしょうか、
打ち合わせで使わせてもらっています。
古めかしい、昭和の空気漂うのが好きなのでしょうか、自分でもよく分かりません。
お店は古いし、お世辞にも綺麗とはいえないし、なぜ通ってしまうのか。

ちなみに、マスターは、ほんと、いい人です。

この「苔」、コーヒーと一緒に必ず出てくるものがあります。
それは「ゆで卵」。

888juu写真.jpg

これも、一様に、皆さん、驚きます。
「食べないといけないんでしょうか?」と聞かれますが、
私は、「いえ、食べないでも良いですよ」とお答えしています。
私はいつも、食べません。持って帰ったり、帰らなかったり。

そういえば、このお店、音楽も流れていません。

ふと考えるとスゴイお店なのかもしれない・・・・。

執筆:代表行政書士 崎田
・・・ご依頼人様とともに、実りある経営と人生を・・・
行政書士専業事務所です。企業・個人事業主・経営者の支援に特化。
対応地域は、中国地方(広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県)です。
ひろしま中央行政書士事務所
posted by 崎田 和伸 at 16:09
| Comment(2) | 日常の雑感、発見、出来事