2007年09月20日

新しいことに挑戦する人たち

久しぶりのブログです。

私の友人であり、目標でもある人が、広島市内で社会保険労務士と行政書士兼業で事務所を構えています。
その人が、新しいビジネスをされるとかで、中国新聞に載っていると聞きました。

あいにく、私はその新聞は取っておらず見ていないのですが、嬉しいニュースでした。
「新しいことを始めたのか!うれしい!」
「新しいことを始めることができるのか!すごい!」
というのが聞いたときの正直な気持ちです。
行政書士の部分では同業ですので、ライバルとも言えるのですが、「悔しい!」という気持ちはありません。それもどうかと思うのですが・・・(^_^;)

日々、執務していると、忙しくて、新しい分野への挑戦ができなくなります。
時間となくなるのと同時に、挑戦力・・・といいますか、一種の力のようなものが減っていく気がします。

「忙しいという言葉は、こころをなくす」と書きます。ときどき聞きますね。
全く、その通りです。

私が本当に尊敬するのは、冒頭の社会保険労務士/行政書士さんのような、
多忙にも関わらず、新しいことに挑戦する人たちです。
忙しくなければ事務所が成り立ちません。でも忙しさにかまけて新しいことに挑戦しなくなると事務所の発展はありません。

とても刺激をもらった一日でした。
posted by 崎田 和伸 at 02:24
| Comment(2) | 日常の雑感、発見、出来事